学生ラスト2ヶ月をどう過ごすか?

多忙幻想症候群

もうとうとう2月。
モラトリアムもあと60日足らずかよチェッとか思う僕は依然として
学生気分の抜けない甘ちゃんである。だって学生だもん。


さて、
TB元のダンナ曰く「(「今しかできない事を」って発想について)
できるとかできないとかじゃなくて、やりたいかやりたくないかじゃないのかと」との事。

僕も結構「今しかできない事を」なんつうのを考えがちである。
いや何しろ春から僕は広島暮らし、東京に引き続き居つかんばかりの友人も多い中
本社が広島って事もあり下手すると終の棲家も広島。
二度と会えなくなるかもしれない友人や場所を思うと、ちょっと焦る。
死ぬほど時間があった状況で、そんな人や場所に何回会いに動いたでもないくせに。


さて、
向こう2ヶ月間僕はどう過ごすべきか、今日は少し考えてみた…んだが
その答えは直ぐに出た。

サークルOBとのセッションライブまで
いつの間にかあと40日ちょいしかないじゃん。
卒論で何もしとらんかったがセッションどころか構成すら決まってない曲の多いこと。

ってな訳で僕は学生最後にいい汗かくべくひーこらギターを引き続けねばならない。
海外?交流会?僕には汚ない部室で十分である。
今日も日暮れまで後輩とギター練。
こうしてる時間がどんだけ掛け替えないもんなのか、
いずれ強烈に実感する日が来るんだろうて。あぁ指痛。

セッションライブの詳細は近日中に。
心からいい音聴かせられるよう努めますので、
ご興味ある方は何卒チェキの程を。
[PR]
by tempari_blg | 2005-02-01 22:36 | guitar


<< Paul McCartney/... 文科系喪男、美容院に行く(後編) >>