<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

saigenji /広島クラブクワトロ

【とき】2006/12/6(水)
【ところ】広島クラブクワトロ

キリンジから1週間、間髪入れずにクワトロですよ。
だってsaigenji来てて観に行かないなんつう話ゃない訳でね、もう凄いんだからあの人のライブ。

saigenji。僕がキリンジに次いで贔屓にしている、
サンバやボッサといったラテンのノリを全身で表現する日本じゃ珍しいポップアーティスト。
CDじゃオシャレ目のカフェミュージックといった趣だが、ライブはとにかく圧巻。
バンドスタイルの他にエレガットの本人&ドラムという二人だけで登場するときも
あるんだけど、とにかくパワフルな縦ノリに観客はひたすら総立ち&踊りまくりなんである。

一回行ったらその味を忘れられないそのライブパフォーマンス、今回ももう
仕事帰りの水曜っから踊るわ歌うわの大騒ぎ。"Echoes"でのぶっ飛んだスキャットで
完全に空気をラテンに染めて、最新アルバムからの"Sunrise"や"Music Junkie"で
沸きまくりの跳ねまくり、そして童謡「椰子の実」からハイテンションな跳ねリズムの
"It's Too Late"をガット一本で弾き踊り、最後は定番の"Namima"で観客全員で
スキャット大合唱。まぁ正直なところ観客もそう多くはなかった訳だが、音楽好きとして
あれ観ずに死ぬってのはマジに人生の5分の6ぐらい損失してますよ。もう明らかに
幕閉じてんのにアンコールの拍手は5分以上は持続してたし。

終演後にsaigenjiからCDへサインを名前入りで貰った。
フジロックが雨で大変だった話とかして至福のひと時だった。
青山で年越しライブやるらしいから行ってこようかなぁと思う今日この頃。
[PR]
by tempari_blg | 2006-12-11 22:38 | 音楽レビュー

キリンジライブツアー2006 /広島クラブクワトロ

【とき】2006/11/25(土)
【ところ】広島クラブクワトロ


去年の馬の骨ソロツアー以来、久方振りに生堀込兄弟を鑑賞。

キリンジはいい、と各本面に口幅ったく主張しているのにも拘らず、特にこの広島において
僕の周りでキリンジ信者がまるで増えないし、そんな人に巡り会ったこともない。
チケット売れてんのかなと他人の台所が気になったりしたものの、当日になって
会場に来てみれば見事な程の大入り満員。意外といるもんだ、という感慨が湧き上がる。

仕事の関係もありちょっと遅れたため、頭から通して見られなかったのが残念だが、
基本最新アルバム"DODECAGON"からの選曲を中心としつつ、「ニュータウン」や
「ダンボールの宮殿」といった通好みのなつかしナンバーや、「雨は毛布のように」の
別アレンジなんかも聞け、充実した2時間ちょい。CDではいまいちノリに欠ける印象だった
「ロマンチック街道」がライブでは非常にスリリングだったり、「Love is Online」が
やっぱり珠玉の名作だったり、多分初めて生で「YOU AND ME」聴けたり、新しい
曲についてもかなりのステキ感が漂っていた。


ちなみに、無理矢理連れてったキリンジ初体験の相方の感想第一声が
「メガネっ娘比率が高くて興味深かった」。もうちょっと何かあるだろうと!
[PR]
by tempari_blg | 2006-12-08 23:39 | 音楽レビュー

リアル世界が面白過ぎて更新させるの忘れてたよ

毎年この時期は更新すっぽかすなー。ライブ行ったり演ったりしてるうちに
季節はすっかり師走ですよ。牡蠣の美味しい季節がいつの間にか到来ですよ。


・11/3に所属バンドの演謡組でグリーンアリーナライブに出演。護憲イベントっていうから
 ヤバ目のギグかと思いきや、割と真っ当に音楽と講演を楽しむ会だった感あり。
 僕の演奏については…ソロの入りのタイミングとちったのは許されるレベルじゃないね。
 スマソ・・・('A`)

・11/4~5の一橋祭。卒業から2年も経つとだんだん知り合いも減っていく。
 そんな中でもまだ馴染みの顔がいて、そいつらと泥酔するまで呑めるってのは
 ありがたい話よね。そのとき撮った某友人の写真がケツ丸出しなのはさておき。

・12/3のバンド仲間内によるライブに出演。抱えてる2バンドの他に、期間限定で
 組んでるメタルバンドでボーカルを担当、無闇に甲高い声で顰蹙を買う。
 まさかJUDAS PRIESTとか人前で歌う日が来ようとは思わなんだ。


他にもクワトロのライブに結構行ったりしてるんで、そっちも別エントリにて。
[PR]
by tempari_blg | 2006-12-08 23:15 | guitar