<   2006年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

キリンジ、10/25にニューアルバムを発売

公式によるとタイトルは『DODECAGON』。12曲だから十二角形らしい。

今回もアルバム丸ごとProduced by キリンジらしく、富田恵一の最高にポップな感じは
もう聴けないのかしらなどと考えつつも何だかんだ言って楽しみ。各曲のタイトルも明らかに
なってるんだけど、「自棄っぱちオプティミスト」とか「鼻紙」とか「愛しのルーティーン」とか、
もうタイトル聞くだけでキリンジ色丸出しでワクワクする。

で、i-radioで「Golden harvest」と「Lullaby」の2曲を早聴きできるんだけど、
シンセベースだったり歌にやたらエフェクトかけてたり、電子方面にチャレンジング。
どうもキリンジはアルバムでフルに聴かないと萌えないので、とりあえずあと1ヶ月
耐えてみようと思う。

あと11/25のキリンジライブ@広島クラブクアトロ、誰とも約束してないのに
無駄にペアで買っちゃったので土曜夜が暇な人は誰か付き合ってください。
東京でも広島でも不思議なほどにキリンジマニアと面識を持てたためしがないのだが
これは一体どういうことなのだろうか。
[PR]
by tempari_blg | 2006-09-26 23:53 | キリンジ

週末3連休での走行距離が500km超えてた件

はしゃぎ過ぎ。

今年ももう随分と風の肌触りが秋っぽくなってきて、窓を開けっぱなして
車を走らすのがこの上なくきもちい。このままギターと一緒に、そのうちまた
遠出でもしたいもんだ。台風ちょっと怖いけど。

とりあえず車を入手して最初の連休はだらだらと楽しく終了。
あとポリスアカデミーはやっぱり名作だと思いました。知らない人、見てみ。
[PR]
by tempari_blg | 2006-09-20 23:39 | 雑記

昨日納車

会社帰りに直接ディーラーさん寄って車引き取り、
そのまま4時ぐらいまで250kmぐらいあちこち走り回ってきた。

スコッティ・ピッペンがCMしてた頃の13年式緑色デミオだが、
シートアレンジの機能性がやたらいいのと、高速入ってもそこそこ
走ってくれる辺りが結構お気に入り。サスが多少固くてガタガタするのが
ちょっと難だけど、とにかく楽器機材積んであちこち走り回れるのは楽しい限り。

じゃあ今からちょっと夜に出る仲間内のライブのリハ行って来ます。
[PR]
by tempari_blg | 2006-09-16 11:50 | 雑記

音楽バトンだがね

いっつも思うんだけど、mixiからバトンが回ってくると紹介者へのリンクが貼れないから
バトンっつっても数珠つなぎ的な面白さは無いよね。友達からその友達へ遡って
同じ趣味の人を探すみたいな、そういう楽しみ方が。まぁいいけど。サンクス山田さん。


Q1音楽は好き?
ええ、狂おしいほどに。


Q2ライブに行った回数は?
友人のライブとかのレベルを含めるとおそらく5、60回は。


Q3何のライブに行った?
色々だって言ってんだろォォォォォォォォォォ!
直近のでは一昨日倉橋ヨエコのインストアライブ行ってきた。


Q4カラオケで何歌う?
最近少しは大人になってきたので、社交の一環で行く時はみんな知ってる
KAT-TUNとかケツメイシとか歌うようになってきました。
一人で行く時はそりゃもうアニソンとかキリンジとか伊武雅刀とか歌いまくってくれる。


Q5楽器は何弾ける?
アコギ。エレキギターは弾けません。


Q6今まで買った一番高いものは?(音楽関係で)
3:Schertlerのアコースティックアンプ"UNICO"、10万円。
2:TACOMAのアコギ"C1CE6"、14万円。
1:音楽仲間と騒ぎ明かす日々、プライスレス。


Q7オススメの曲は?
無数にあるのを列挙してもしょうがないから一曲ピンポイントで挙げると
キリンジ「休日ダイヤ」。


Q8オススメのアーティストは?
キリンジ、倉橋ヨエコ、saigenji他無数。
最近分かったんだけど、自分の好きになる音楽屋の傾向として
バンド単位よりはソロ名義で活動している人により強く惹かれる。
バンドでも実際に曲を作っているフロントマンに目が行くし、曲の
創作のところが音楽について一番僕の関心が強い部分なんだろう。


Q9音楽がなかったらどうなる?
小林秀雄が言っていた「実生活において、芸術とは屁のようなものである」には
芸術作品やその創作に従事する人たちが特権階級化することへの戒めが
込められていると思う。日々口に糊しなくてはならないという実生活の中で
音楽が衣食住より優先されることなんてないんだから、音楽やってる奴は芸術家ぶって
大衆馬鹿にしながら偉そうに気取るなって。

僕は別に音楽がなくなったって死ぬ訳がないと思っている。
ただ、少なくともブルーな月曜の朝にでもステップ踏みながら出社できたり、
太田川のほとりで通りすがりの外国人観光客とビートルズ大合唱で意気投合
できたりすることはないんだろーな。

それはすごく残念なことだ。


Q10貴方にとって音楽とは?
ドラッグ+コミュニケーションツール。
多分僕以外の人間にとっても、突き詰めると音楽ってのはこういうことなんだと思う。


Q11最近の出来事を詩にしてみて。(3行以上)
「二日酔い」

随分な量の雨降りが
僕の頭痛を酷くした
鳴らした弦が錆びていて
それもまた僕の頭痛を酷くした

あぁ、わびしいなぁ
早いところ連れ出しに来てくれないかなぁ
祖父が生まれる遥か前に死んだブルーズマンの歌が
もうそろそろ僕の頭蓋を粉微塵に粉砕しそうなんだけどなぁ

(tempari詩集「お見合い写真なのに半開きの口」より)


Q12貴方のマイミクで1番音楽が好きな人は?
よねさん、貴方だけは音楽がない世界で生きていけない気がします。


Q13このバトンを託す人(5人)
めんどいから託しません、といいたいところだが・・・
よっしーさんときょんちゃん、今後の活動への参考も兼ねて
暇なときにでもちょっと書いてみておくれ。
[PR]
by tempari_blg | 2006-09-10 12:03 | 音楽雑記

人生初のビッグショッピング

車買っちゃった。


全てはこないだ買ったSchertlerのアコギアンプが元凶である。
20kgぐらいあろうかという重量感満点のブツを可部線とかチャリとかで
滝のような汗をひり出しながら運搬しているうちに、いくら人生は重き荷を負うて
長き道を行くが如しったって限度があるだろうがコラ!簡単に言いやがって
この徳川田信秀がァァァァァという怒りがこう、ふつふつと込み上げてきた訳である。
更にその汗っぷりに向かいのシートに座っていた女子高生が不快そうに
顔を背けるに至り、めでたく「買っちゃおうかな、テヘッ☆」という心境に至ったのである。

おそらくディーラーさんの収入源である諸手続きの半分ぐらいを自分でやると
ごねた甲斐あって、そこそこのコストダウンを達成できた。今週来週はちょっと
忙しくなりそうだが、上手く行けば最短で来週金曜には車ゲットである。
何を買ったかは納車時に。
[PR]
by tempari_blg | 2006-09-04 23:14 | 雑記

バンド仲間とライブやってきた

社会人でバンドやってる人の集まりで内々のライブやってました。
楽座さん、ありがとうございました。


一緒に出演した馴染みのバンドのベースさんが今秋に福岡に嫁いでしまうため
ウェディングソングのサプライズとか結構感動する運びになったんだが、その絡みか
2次会で同バンドのギターKさん(既婚男性)と結婚談義を展開することになった…
とは言え内容の大半は嫁さんへの惚気だったのがまいっちゃう所であった。

Kさんは嫁さんと二人してさよなら絶望先生にはまってる例を引き合いに出し、
「とにかく笑いのツボが一致するのが大事なのよ。泣くツボなんかは人間結構共通だけど
ラーメンズで笑えるかどうかって人に拠る所あるでしょ?結婚にはそこが重要」と
普段は落ち着いたKさんにしては珍しく酔った体で熱弁を振るっていた。

糸色先生で笑いを共有できる夫妻ってのも実に稀有な気はするが、
酒の場で交わされる話にしてはかなり真理を突いたコメントだと思う。
ベースさん、この話を参考にお幸せに。旦那さんはもはや固定なので、
あとはいかにして旦那さんを自分の色に染め上げるかどうかの勝負です。


関係ないけど、相方のTACOMAが配線系の接触を微妙に患ってんのが判明し軽く怖い。
結局今日も一日スタジオ篭ってて楽器屋にも行けずじまいだし(今日は何事も無かったけど)。
再来週またライブあるしどうしたもんかな。修理とかの話になると手元からギター無くなるしな。
[PR]
by tempari_blg | 2006-09-03 23:15 | guitar

菅野よう子/「ハチミツとクローバー」オリジナルサウンドトラック

ハチミツとクローバー オリジナルサウンドトラック
菅野よう子
2005.7.12発売


7月から見たい見たいと思ってた劇場版「ハチクロ」、
ちょうど公開終了日だった先週の金曜に滑り込みセーフで見てきた。


観ててちょっと痛かった…全編爽やかで甘酸っぱいテイストに包まれ、見終わって
恋に恋したくなる仕掛けが満載。暢気な学生家業営んでた頃ですらあんま真っ当な
色恋沙汰に関わってなかった身といたしましては、青春スーツ完全装着状態の大学生が
無邪気に惚れたはれたとやってる光景は、ちょっと負荷が高いっちゅうか眩し過ぎた。

キャストでは花本家の父子が絶妙。はぐちゃん役の蒼井優がまた可愛いんだこれが。
うつむき加減ではにかんだ表情がキュートで・・・もう僕もはにかまれたいと何度思ったか。
山南さんこと堺雅人も例のスマイルで、登場するだけで和む感じが素晴らしかったね。


サントラ自体は映画公開前からとっくに買って聴いてたけど、菅野御大の巧さが
映画全体のポップさを増幅させてた気がする。ボーカル付きが6曲ぐらい入ってるし
映画観てない人にも一枚のアルバムとして薦められる出来なのは相変わらず。
[PR]
by tempari_blg | 2006-09-01 23:13 | 音楽レビュー