<   2006年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

分権的意思決定について(覚書)

ありがたい事に、大学の後輩が僕のいる会社を志望してくれているらしく
色々メールで相談に乗ったりしている。中国から留学してきている彼は僕より
遥かに頭が良く、恐ろしく精度の高い財務諸表分析をメールしてきては
僕をドン引きさせてくれている。

今日のメールでも数点のヒントから得た正確な分析が書かれてたんであるが
そこで出てきたのが「御社って分権的意思決定によるローカル最適です?」っていう質問。
採用方式と仕掛品の量辺りから割り出してきたとの事。あまりに頭の出来が違いすぎる。
悔しいので僕もちょっと頭を絞ってみた。


「分権的意思決定」は、つまり地方分権とかいった、ある広大な領域をローカルな範囲に
区切り、その中である程度中央と独立した判断や実行を行っていくこと。

これのいい所は、「全体の意思」では優先順位などで切り捨てられかねない
細かい問題も扱うことができること。国がカバーしきれないある種の公共財提供が
NPOに委ねられる所なんか典型的な例かな。ただし、「あるプロセスや影響が
分権化されたローカルの中である程度完結する」って条件が、上手くいくために必要。
例えば、周りの自治区の環境にも影響与えるような条例を一箇所の自治区で
決めちゃってはいけない。

しかし逆に、例えば製品の受注→生産→物流→販売というプロセスのような、
一貫したプロセスで考えるべきでありローカル最適してちゃまずいような所で
ローカル最適を志向しちゃうとよろしくない。情報流出でカイーコとか怖いから程々に書くが、
部門間、工程間、連結会社間…といった壁の内側では最適な行動でも、
全体として見た場合どうかってのは常に意識しとかんといかんと思う。

そういや分権で思い出したけど、自動車の会社って今どっちかっていうと
本社機能の集約化を目指してる方向性らしい。
毎日新聞は「脱・東京」って分散眼つきで言ってるけど、会社から見たら集権の流れなんで
分権が必ずしもいいとは限らないことを、経営する人もきっと意識してるんだろう。


山口浩氏の「グローバル企業は分権から集権へ、という話」
結構参考にしつつ書きました。謝辞。
[PR]
by tempari_blg | 2006-06-26 23:25 | 真面目な思考

ロマンティック街道・ブルーバード /キリンジ

とりあえず詳しい感想は追ってまた。CDで聴いた時のブルーバードの高揚感が
かなり素敵だった。やばいぐらいに快感だった。
[PR]
by tempari_blg | 2006-06-22 00:39 | キリンジ

また更新をサボっちまった訳ですが

先々週はKODA祭に6年連続で参戦し、さがみの座敷上でぶちまけるなど
ホント関係者の皆様ごめんなさいっていうか。サークルの後輩はもはや
僕の手の届かないぐらいに上手になってるのを確認し心地よい敗北感を覚えました。
幻の野人ナトゥー捕獲に失敗した藤岡隊長の気分である。

で、
6/11(日)は青山のライブハウス「月見ル君想フ」にて
青山ピアノナイト8days第一夜「気狂いピアノ」に参戦。
石橋英子の超ジャズパンクにのっけから強い疲労感を覚えつつ
タテタカコ倉橋ヨエコという濃過ぎるピアノ弾き語りを目の当たりにし
縦ノリのロック観た訳でもないのにくたくたに疲れました。

タテさんは結構整然と作られた曲に圧倒的な迫力の歌をぶっける方で
後からサイト見たら長野県は飯田出身!父方の実家なんでよく行く場所である。
母方の実家である岐阜県は多治見でもライブするらしいんで、今度見かけたら
思い切って話しかけてみようかな。

ヨエコ姐さんについては、もう何だ。あの歌と曲のクオリティに対して
特に言うことは無いので知らない人はぜひ一回ライブ観に行っておいてください。
マジに凄いもの見れるから。ちなみに春の広島ライブでは、物販コーナーで
手持ちのi-podにサインをねだるという奇行を犯したのだが、その甲斐あってか
ぼんやりと覚えてもらってくれてた模様で大喜び。次回ライブ(9月)の岡山で
顔と名前を一致していただくのが当面の目標。
[PR]
by tempari_blg | 2006-06-22 00:28 | 雑記

さよならプレストン

yahoo!ニュース
「5人目のビートルズ」ビリー・プレストン、59歳で死去

絶望的に不仲だった69年のビートルズを一時的に和ませ、アップル屋上での
ゲリラライブでは"Get Back"の最高にクールなソロを繰り出したプレストン。
黙祷。
[PR]
by tempari_blg | 2006-06-07 23:00 | 音楽雑記

ライブバトォォォォォォォン

基本的にバトンストッパーなんだがたまにはかいてみようと思いつつ。


★今まで参戦したライブの数は?
見る…プロは何気に10数回程度、アマは正直数え切れない。友達のとかめっさ見てるし。
やる…大学の時の合わせても30回ぐらいかなぁ。


★参戦時の服装は?
見る…普通。
やる…バンド衣装ある時はそれ着る。ないときは割とフツー。最近は倉橋ヨエコTシャツで。


★ ライブ参戦回数が最も多いバンドは?
小林大介。トーク含め何度見ても「飽き」ってものがないアコギストにして大学の師匠。


★ 参戦時の必需品は?
はしゃぎ過ぎてる夏の子供のようなノリとテンション。


★ このバトンを渡す6人
じゃあマイミクの山田っちとかきたじーとかなっちゃんとか9度右氏。気付けェェェェェェェェ!!
[PR]
by tempari_blg | 2006-06-06 23:12 | 音楽雑記

仮面ライダー、一足先にワールドカップ気取り

昨今の仮面ライダーにおいて、ほぼ伝統となってきたのが「ライダーバトル」である。


孤独に悪と戦うイメージが強かった昭和のライダーと異なり、平成のライダーは
基本的にひと作品において「複数ライダー制」が採用されている。
イケメンをいっぱい登場させなきゃとかとにかくヒーローの頭数増やして
おもちゃ売上アップ
とかいう大人の事情も絡みつつ、「クウガ」から「響鬼」までの
通算6作品で、既にライダーは悠に43体を数える(劇場版限定ライダー含む)。

関係者が増えれば増えるほど場がもめるのはライダーでも同じらしく、
複数ライダー制においては基本的にライダー同士は反目しあうことが多い。
「恵里を救うためにお前を倒す」「俺とお前は戦う運命に・・・」といったシリアスなものから
「イライラするから殺させろ」とか「お前のせいで俺の体はボロボロだ!」みたいな
正直ヒーローとは呼びたくないような厄介なライダーも混在する。

その究極な例が「仮面ライダー龍騎」。それぞれの願いをかなえるため
13人のライダーが最後の一人になるまで殺し合いを続けるという、
設定だけ見たら深夜ドラマでも躊躇するような欝な設定と世界観を持ち、
劇場版では最終的にヒロインが手首を切って自殺という衝撃的な展開で
全国のチビッ子をガン泣きさせた、ある意味革命的なシリーズである。



さて。
現在放送中の最新作「仮面ライダーカブト」でも複数ライダーは健在。

仮面ライダーカブト
カブトムシがモチーフで、必殺技は伝統芸「ライダーキック」。
変身するのは自称「天の道を行き、総てを司る男」こと天道総司。
「この俺こそが世界で最高の人間」を自認して憚らない唯我独尊系キャラだが
実際あらゆる武道に精通している上に趣味の料理は超一流。毎週のように
妹に手料理を振る舞う筋金入りのシスコンでもある。

仮面ライダーザビー
スズメバチがモチーフで、腕の仕込み針を突き刺す「ライダースティング」を使う。
変身者が毎週のようにコロコロ変わるのが特徴。初代はヘタレた挙句に
意志を持つ変身アイテムにあっさり見捨てられここ2ヶ月ほど姿を見せていない
2代目は1週間でクビ、3代目に至っては先々週の放映において幼女誘拐を敢行した

b0023732_22274034.jpg
幼女を襲う際に付着したソフトクリームを指で舐め取るライダー


仮面ライダードレイク
トンボがモチーフで、唯一飛び道具を扱うライダー。
変身するのは女を見ると口説く性癖を持つメイクアップアーティスト(幼女連れ)





こんな放送コードギリギリで戦うライダー達に、先日新たなライダーが参戦した。

生粋の怪人面昆虫であるサソリをモチーフにした「仮面ライダーサソード」に
変身するのは、自称「神に代わって剣を振るう男」こと神代剣。先祖がイギリス貴族だったという
落ちぶれても元上流家庭に育ち、常にアルフレッドとか黒川みたいな執事を侍し
落ちた銀食器を「そんなものはもう捨てろ」とのたまう素敵な青少年である。

そんな彼も近所付き合いだけは重視しているらしく町内草サッカー大会に出場。
そこで相手チームの助っ人に雇われた天道と偶然遭遇する。

「他の奴は足手まといだ。俺一人で出る」とルール無視の暴言を吐く天道に挑発され、
「こっちも俺一人だ」とタイマンを挑む神代。かくして始まった一対一のサッカーは
自軍ゴールエリアから相手ゴールに直接シュートを打ち込み合うという
テニヌの王子様少林サッカー並みのCOOLな展開に突入。
サッカーで互角だったその後のバスケや卓球でも結局勝負はつかず、
最終的に観戦してた証人の方が疲労に音を上げてドローという結果に落ち着いた。


そんな神代びんぼっちゃまのお仕事は怪人退治。
ライダーでの変身能力で1体当たりいくらのノルマ給を稼ぐという
貴族にあるまじき勤労ぶりであるが、彼はお姉さんを怪人に殺されるという
実は悲しい過去の持ち主。今日も敵討ちと生活を兼ねたハンティングに出かける。

しかし、そこに居合わせたのは同じく怪人と戦うライダーである天道=カブト。
怪人をなぎ払う彼に向かい、「奴らは全部俺が倒す!」と激高した神代は
怪人そっちのけでカブトを全力で攻撃し始める。今年のライダーも
伝統芸「ライダーバトル」は健在のようであった。


来週以降の課題として、こんな内ゲバな展開や教育上の配慮より、
一番問題なのは神代役の元ジュノンボーイ正直そんなかっこよくない事だと思ったり。
[PR]
by tempari_blg | 2006-06-06 22:54 | ライダー