<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

うたのおねえさんが絵描き歌で究極召喚を行った件

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『おれはスプーの絵描き歌を聞いたと思ったら
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ        いつのまにか全く別の生物が描かれていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも 何をされたのか わからなかった…
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \   催眠術だとか超スピードだとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


TB:HIROIRO.COM

b0023732_22515163.gif
この子がスプー。
NHK教育テレビ「おかあさんといっしょ」の
「ぐ~チョコランタン」に登場するキャラである。
昔で言うじゃじゃ丸とかぽろりみたいな感じである。


先日、現「うたのおねえさん」であるはいだしょうこお姉さんが、スプーのえかきうたを
唄いながら自作のスプーを披露…事件はその時起こった。


動画を見る

※追記・・・NHKの圧力か、早速動画は封印されてしまった様子。
しかし、辛うじて残っていた画像をこちらに添付するので参照されたし。






b0023732_7315153.jpg



…。


何というか、幼稚園生が子供ならではの悪戯心でテキトーに書いた魔法陣から
魔界の王ベルゼブブが出てきちゃったからねこれ。更に過去には
人間の想像力をはるかに凌駕するドラえもんも召喚しているというしょうこお姉さんに
ただ脱帽。下記リンクで画像を貼っておくが、マジに心臓の弱い人は見ないで頂きたい。

ドラえもん
[PR]
by tempari_blg | 2006-05-30 22:58 | 趣味ネタ

バンド仲間内でアコギを弾きまくる会に出てきた

あぁ、楽しかった。


横川の喫茶「ラベンダー」にて、全9曲ぐらいを色んな人と組んで演奏。
出しゃばりみたいな感じになってしまい非常に恐縮である。

今回は特に、上手な人の演奏が非常に刺激になってよかった。
どうにかしてもっと腕上げたい。あれぐらい、聴いてて心地よくなる音を出したい。
とりあえずrpmと強弱をもうちょい正確につける練習をすべく、メトロノームでも
明日辺り楽器屋で探してみるか・・・と思ったら、Vectorでフリーウェアの
メトロノームソフトを発見。

早速ダウソして使ってみたが、拍子と刻みとrpmを自由にコントロールでき、
おまけにスウィングにも対応してるからブルーズ練習するのにかなり便利。
すげぇよVector。
[PR]
by tempari_blg | 2006-05-27 23:25 | guitar

今年5度目の東京行き。KODAとか観に。

一体何なんだ僕は。

6/9に東京入りします。
サンバがなくなったと噂の第10回KODA祭に遊びに行ったり
漢と漢の合同コンパことさがみコンパ(「さいごまで がんがんのもう みなごろし」
略してさがみ)で久々に本気の戦いを繰り広げたりします。

あと、月見ル君想フヨエコ大先生がピアノ弾き語りやるらしいんでそれ観に。
さがみで一緒に呑んだくれてくれ、みんな。
[PR]
by tempari_blg | 2006-05-25 23:02 | guitar

自作曲がまたいくつかできてきた

昨日今日でダラダラ弾いてるうちに数曲。されど詞付きはうち一曲。


詞が書けんのよ。言葉のマジックがちっとも降りてこんのよ。
音っていうのは基本的に、ジャンルと、それに対するある程度定型の
リズムや和音の進行ってのが存在してるから、一旦メロディが出てくると
一意の曲として中身を固めていくことは割と一気にできる。より凝ろうと思えば
後からの編曲で作り込めばいいし。

しかし詞や言葉ってのは音に比べると自由度が格段に高く、
曲に合う言葉とかリズムを考えるってのはあっても概ねどんな単語を音に乗せたって
別に構わないっちゃ構わない。逆に言えば、自分の内から沸いて出てきた言葉なら
多少ぎこちなくてもオリジナルな歌として胸張って歌えばいいんだけど、
問題は頭で考え込んでるうちに、内面から詞が浮かび上がるみたいな感覚が
さっぱり無くなってしまう。

情緒的な経験が最近足りてないのかなー。夜ごと苦悶するような
切なさとか辛さみたいのが必要なのかしら?
[PR]
by tempari_blg | 2006-05-21 22:24 | guitar

ラーメンズ第15回公演「アリス」

年に一度のお楽しみ。ラーメンズ最新公演「ALICE」のDVDを購入。
もう広島で公演なんかよう見れんからDVDを楽しみにするばっか。

今回のラーメンズはロジカルにして演技派。
「モーフィング」など言葉のロジックを巧みに練り上げた作品が目立ったのと、
特に小林氏が(一般人という意味での)「地」に近い役をあまりやっていない。
改めて彼らの役作りの幅に驚き。まさかまたバニーボーイ見れるとは。
更にイ○○○まで演じちゃう何でもあり感が心地よい。超久々の「あのネタ」も
堪能できるので、特に今作はディープなファンにオススメ。
[PR]
by tempari_blg | 2006-05-21 21:53 | 趣味ネタ

邪神占い

クトゥルー神話を知らないと全く意味が分からない占いを発見。早速やってみた。

邪神占い


あなたのタイプはツァトグァです。

寝るより楽はなかりけり。”ンカイで眠るもの”
 
<解説>
あなたのタイプはンカイの黒い入り江に住み、聖なる怠惰にまどろみつづける”ツァトグァ”です。このタイプの人は知識も才能もある大変有能な人です。しかし怠惰への甘い誘惑に負けることしばしばでなかなかその能力を発揮しません。なにものにも勝る怠惰の魅力を知っている人です。食べることに関しては並々ならぬ関心を持っています。高級料理よりはジャンクフード・牛丼・立ち食いそばなどのB級グルメ好きです。

<ツァトグァなあなたの性格>
B級グルメ
怠惰の誘惑に弱い。
いったん動き出せば有能。


<陥りやすい犯罪傾向>
あらゆる義務違反

<ツァトグァの有名人>
吉本ばなな


今日も一日中スタジオと川原でギターをだらだら引き続け、晩御飯はスーパーで購入の
3割引のパック寿司。正にツァトグァだよ僕。

ちなみにクトゥルー神話とは、H.P.ラヴクラフトという作家が1920年代ぐらいに
自著の作品群によって成立させた、架空の神話体系。以降多くの作家が
彼の生み出した神話体系に沿った物語を多く著し、結果「皆で共有でき、
皆で作り出す」世界観が成立した(ガンダムの「宇宙世紀」がこれに近いのかな、
色んな人の色んな物語が宇宙世紀に沿った形で今も書き続けられてるし)。

特徴的なのは、ここでの神は「宇宙から来た異形の者達」という設定。
ファンタジーにもSFにもホラーにも応用が利き、その辺が世界に広まった
理由なのかなーと思う。また、もひとつ特徴的なのが神々の名前で
「ニャルラトホテップ」「ヨグソート」「アザトース」など奇妙な味のネーミング。
創始者ラブクラフトの作品自体、話としてそこまで面白い訳じゃないんだけど
独自の陰鬱さと奇妙な味が不思議とクセになる感じ。

ま、占いで出てきた神がどんな奴か知りたい方はご一読を。
ラヴクラフト全集辺りがフツーにオススメ。
[PR]
by tempari_blg | 2006-05-20 22:49 | 趣味ネタ

最近読んで感動した本

日本の童貞

【著者】渋谷知美
【発行】文春新書
【ジャンル】ジェンダー社会学


<以下、amazonの書評のところ引用>

女性からは「オタクっぽい」「不潔」と蔑まれ、医学者からは「包茎だから」「パーソナリティが未発達」と病人扱い。初体験を済ませたら一刻も早く忘れ去りたい、そして未経験なら隠していたい―だが、そんな「童貞」も一九二〇年代にはカッコいいと思われていた。戦前から戦後にかけての童貞にまつわるイメージの変遷のなかに、恋愛とセックスが強固に結びつき、男が女によって値踏みされるようになった日本社会の、性観念の変化を読みとる。

<引用終わり>


近代以降における「童貞」に対する社会的な変遷を、主に「童貞が蔑まれていく過程」
という眼つきから分析した、著者渋谷氏が自身の修論を割とそのまま出版したもの。

大学の本屋でタイトル見て吹いた衝撃の一冊だが、内容的には「平凡パンチ」とか
メンズノンノとかといったアンポンタン雑誌に記載の童貞関連言説を分析、挙句に
みうらじゅん&伊集院光の「DT」とかいったのまで引用元とした、ある意味文春らしい
非常にサブカルチックな怪作。

男の操になど産廃以下の価値しか認められない現代社会にあって
愛する人へ貞操を捧げる覚悟を滔々と語る大正浪漫な学生の言説は
かなり大爆笑胸にこみ上げるものがあるが、それ+若干の
メディア言説ぐらいで童貞言説を一般化する物言いには多少乱暴な所あり。

しかし、それはサブカル的な面白ブックとしての価値を何ら減ずるものではないので、
童貞というものを非常に真剣に考えている人や単純にサブカル大好きっ子ていう人は
ぜひ読んでみるといいと思う。


個人的には、童貞かどうかは挿入で決まるんじゃなく精神の問題だと思っているので、
台風にはしゃぐとか火を見ると興奮するとかそういういわゆる「中二ノリが抜けない人」は
すべからく「童貞的なハビトゥス」の持ち主だと思う(僕も)。基本的に「童貞」はそのくらい
各々テキトーに捉えていい事柄な気がするが、「童貞=モテない=対人関係ダメ=キモい」
みたいなイメージが広がっちゃい過ぎてるお陰で現代の童貞は非常に肩身が狭い。

しかし、この「童貞性悪説」を誰が唱えたかとか、何故そんな言説が生まれたのか、
だれがそういう構造の中で利を得るのかといった根本的な疑問に対して本書は
答えを提示できていない。今後の童貞研究の発展を無責任に祈念する。
[PR]
by tempari_blg | 2006-05-19 00:07 | 趣味ネタ

新曲キター

i-radioで新曲を先行発表!その名も「ロマンティック街道」と「ブルーバード」。

○ロマンティック街道
何かタイトルだけで笑いがこみ上げる絶妙なネーミングなのだが、
曲はピコピコ鳴りまくりの「ハピネス」を髣髴とさせる怪作。
歌詞は結婚をテーマに「ジューンブライドを当て付ける感じ」と兄談。
ていうか「大丈夫ですかね、こんなんで」って自信無さ気に聞くんじゃない兄。

○ブルーバード
浮遊感。オフコース聴いてるときみたいなコーラスの気持ちよさに
結構ツボった人がネットにも結構いるっぽく。フォーキー+打ち込みの組み合わせが
確かになかなか脳を焼かれる。

○影の歌
6月のシングルにはi-Tunes限定配信だったこいつも収録。
ビッグバンドのモダンさが上の2曲とどんな食い合わせを醸すのか。


要するにキリンジファンとして、今年もドキドキできそうな予感である。
ソロライブのDVDも繰り返し見てるので、その感想もそのうち。
[PR]
by tempari_blg | 2006-05-11 21:07 | キリンジ

MUSIC DAY 2006 Acoustic Live

【とき】2006/5/4
【ところ】駒沢オリンピック公園中央広場
【満腹度】★★★★☆

GW終了。9日間も休むと俄然仕事に復帰できない。
今回も昔なじみの仲間や場所と思いっきり遊んでまいりました。
やっぱり海外なんて行ってる場合じゃなかったな。

ライブもいくつか行ったけど、中でも5/4のMUSIC DAYは盛り上がった。
東京各地で同時多発音楽イベントが勃発する中で、やっぱり選んだアコースティックは
僕の好きなミュージシャンが一杯で非常に満足。


堀下さゆり
サユリストとして1年ぶりに見たけどやっぱり可愛かった。
キーボード弾き語る姿がちっさくて可愛かった。何かもう僕も弾いてほしい。
早く新譜出ないもんか。

松千
佐世保の二人組ユニットなんだが、千草さんの歌がソウルフルですげえの。
MC含めノリがどことなく日本人離れしてた。

☆浜田亜紀子(GO!GO!7188
不定期のソロユニットやってるらしく、その面子で登場。
普段のGOGOからは随分離れたシックなアコースティック曲だったけど
その中に漂うロックの香りが芳しくっていうか顔カワイス。

saigenji
壮絶。あんだけテンション上がるライブはある意味久し振りである。
この夏は(僕ん中で)ラテンが来ると思った。スキャット最高!
ギター叩き最高!真っ昼間からビール呑みまくり最高!

安藤裕子
当日の会場は然程広くなく、ブレイク中の安藤ゆうこりんの姿を
かなり間近で見れてラッキーであった。雰囲気のある歌い手さんだなー。
そこそこの強風が吹いてた会場で、「背骨を冷やすと子宮に堪えますぞ」とか
女の子達の心配してたMCとか萌え


もう昼間っからビールあおっておにぎり食べつつ見てたのが
何とも言えない開放感。来年も行きたいな。
[PR]
by tempari_blg | 2006-05-09 20:47 | 音楽レビュー