<   2005年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

続・お出かけ時と同様にネットに自分晒す際も服ぐらいは着とけ

またまた出現、お馬鹿さんブロガー。

事の顛末はこちらに詳しいのだが、
要するに嫁がバスに幅寄せされたというのを間に受けクレーム、
謝罪にやってきた職員を口汚く罵った挙句彼らの写真と本名を
罵りの一部始終と共に誇らしげにブログに公開。
しかも幅寄せの件も嫁の捏造が多分に含まれていたらしいという証言も出て
2chに祭り上げられているという問題のブログがこちら↓。

ジョリーロジャース的。


匿名のコメントの殺到に発言権がどうとか
またも口汚く罵っておられるよう。自称ジャーナリストにしては
あまりに稚拙な文章表現っていうか自己紹介本気にする限り

大学の同窓だよこいつ…。

僕は今無性に悲しい。


匿名性の高い発言による批判の是非なんかはこの場合重要じゃなく、
あくまで一連の事態の中で顕在化した事実としての「状況」について
法律やら倫理・コモンセンスからの逸脱といったものを
極めて理性的に見ていくことでしか「是非」を論じることは出来まい。

然るにこの「ウチの大学のセンパイ」も、エアロバキバキの人同様に
自分でネットに投げ込んだコトノハが生んだ状況のケジメを問われている訳であり、
匿名だから卑怯とか本名晒しているから潔白とか
自分で「状況」を作り出した以上そんなことは甘ったれた逆切れにしかならぬ。

そもそも、非匿名性の担保なんてのが
自分の発言への責任なのか単なる自己顕示欲と虚飾の反映なのか
何時だって紙一重なんだから。誰だって僕だって一人称の自分語りは
名無しさんとしてのつぶやきより往々にして気持ちいいんだから。




しかし、そもそもこういう一連の方々の右往左往見るだに、
ブログがどうこうというよりは人としての品性の問題のような気がしてきた。
モノを書くにせよ、日々を生きるにせよ、凛として立つって当たり前のことが
意外と僕らはでけんもんなのかもなー。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-30 22:58 | IT系

仮面ライダー響鬼 三十三ノ巻「装甲う刃」

下記エントリの理由により今日は精根尽き果てた系なので
更新は明日にさせてくださればと。

とりあえず、今後はトドのキャラクターが
語尾に「~でヤンス」とか言ってそうな感じになりつつあるのを
生暖かく見守っていこうと思った。

***********************************

今日、部屋に帰ってきてふとケータイを見ると一件のメール着信。

メールのマメな友達が大していない僕のケータイには、
帰宅時間である夕方から夜にかけてはヴィレバンのメルマガぐらいしか
着信するメールなどない。

そんな僕にである。


[件名]お疲れ様♪




お疲れ様♪


素敵な言葉である。

決して楽なこと、楽しいことばかりばかりでないビジネスマン戦線で、
くたくたになって家路を急ぐ人たち。しかし、辿り着いたわが宿で
お疲れ様、そう一日を懸命に生き抜いた労をいたわってくれる、
そんな人が待っていてくれている。

たとえそこに待ち人がいなくとも。
そのメッセージはきっと僕らの胸の深い部分へと届き、
そのまま明日を生き抜く糧になっていく。
「お疲れ様」。この言葉の持つ優しい力を久し振りに浴びて
僕は少し救われたような気分を味わうことが出来たのである。



たとえ本文の一行目から「お試し1万円分お付けします♪」だったとしても
僕は確かにその瞬間癒された気がしたんだってばっていうか
もうホント泣いていいですか?これはアレか?
もういい加減なりふり構わず欲のまま生きろとジーザスの思し召しですかコノヤロー。


そんな本筋とまるで関係無い話から始まる今週の響鬼。

三十三ノ巻ネタバレ
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-28 23:00 | ライダー

お出かけ時と同様にネットに自分晒す際も服ぐらいは着とけ

【祭り】ボディを蹴り飛ばしてエアロバキバキにぶっ壊して人生終了

要するに、事故り「そうになった」馬鹿大学生が
相手を妻子の前で土下座させた挙句に
エアロパーツバキバキにぶっ壊した旨をブログにアップ。
それをいつもの如く2chが発見し祭りになっているという。


きんもーっ☆」の一件から大して日も経ってないのに
またしてもブログ経由での迂闊な発言によるネタ。
うーん、何ちゅうか。情報発信する主体としてのタガが全国的に緩んでるというか、
あまりに自覚と覚悟と自省ができんままモノ書いてるのが多過ぎやしないか?

今回もまた張本人の個人情報が
本名から大学、内定先の企業、果ては父親の顔に至るまで
ダイナミックに全世界へとダダ漏れた訳なんだが、
そのソースの多数はどうやら他ならぬ本人が書いてたブログのエントリ。
自分で撃った弾喰らって悶絶してるようなもんで、
正直同情の余地はあまりに薄い。


最近はブログに加えmixiで書く日記も大繁盛してるんだけど、
これももう何か凄い。かなり陶酔型な自分語りに混じってさりげなく
家族や恋人や友達についてかなり踏みこんじまってるエントリを
ポンと手元のパソに呼び寄せることが出来る訳で。
本当にいいのか?みんな本名出してる仲良しユートピアとは違うんよ?
匿名ユーザなんか腐るほどいるのよ?いやマジに。


個人による情報発信ツールの向上がもたらす色んな屈折については
今後も引き続き考えていきたいテーマとして。とりあえず今回の教訓は、

「せめてネットに日記上げるからには、法に咎められん程度には
品性と知性を保った暮らしをしていきたいもんだね☆てへっ☆」

ってことでござんしょうか。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-27 23:04 | IT系

新人研修ひと区切り

配属部署の研修報告会という、
これまでの研修期間を踏まえ来年度研修に向けた改善案とか
本部長らVIPPERを前にプレゼンするギグが本日ようやく終了。

配属自体は8月頭にしてたから、研修日程からは結構間が空いた報告会。
研修期間は工場行ったり東京行ったり色々したが、学んだ知識は多かれど
依然として青臭い未熟さを取り払うには至っていない模様。
まぁそんなもんであろう。成長なんて自覚できる類のもんじゃない。



そういや随分涼しい風が吹き込むようになった。
すっかり空気公団が似合うようになった季節に、
秋風吸い込みつつとりあえず今日は早いとこ寝よう。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-26 19:38 | IT系

馬の骨 /馬の骨

b0023732_22244731.jpg馬の骨
馬の骨
2005.9.21発売
ジャンル:J-POP(チャンプルーテイスト)



やべえ、ヤス氏が生き生きしてる。
いや、別にキリンジが生き生きしてないんじゃないんだ。
何かアルバムから「実家で思いっきり羽を伸ばしました」感が
すごく漂っているんだ。高樹も実家同じだけど。


という訳で馬の骨の1stアルバム。

1曲目から知る人ぞ知る(らしい)素敵ミュージシャンである
ロバート・レスター・フォルサムをカバー。どんな人か?僕も知らん。
ポップス狂の知人の受け売りである。

そして直後に続くは超弩級のご機嫌ナンバー「最低速度を守れ!」。
気張らないヤス声、それなのにグルービー。スローライフは墓場までとっておけ。

ついこないだ出たばっかりの「センチメンタルジャーニー」。
何かこのアルバムの流れで聴くと気持ちよく耳に入ってくる。
カメレオンガールの時と同じ感覚である。

既に何回聴いたか分からん「燃え殻」でしんみりとトーンダウンした後に来るのは
シンプルな8ビートの「枯れない泉」。凪いだ情熱がカッと来る感覚。

オールデイズ感覚のスローシャッフルで「I Want You I Need You I Love You」。
アコギ一本で50'sに立ち戻り、更にインストで一息ついたところで
元シンバルス矢野氏がアレンジの「PING&PONG」。

そして先行シングル曲「Red Light~」はちょっと歌詞が変更。
黄色い彼女の口からこぼれるものが嘆きから沈黙へ。意味深である。

緩やかなハイテンポ「季節の最後」で肩の力を下ろし、
静かなアコギの「少しでいいのさ」。「カウガール」を思わせる
安らかで優しげな音に存分に癒され、最初の「My Stove's On Fire」の
リプライズへと帰っていくのである。


一気に聴いたら、何か整体のメニュー一通りやってもらったような
心地よいリラックス感がじわじわと来る。今日味わった疲労感とか不快感とか
とりあえず今日に置いてけそうである。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-22 22:56 | キリンジ

のまネコをあくまで著作物と言ってのけるのなら

のまネコ問題


要は2chのAA「モナー」をパクり、
ネット事情にさして詳しくないF1層とか中高生狙って
便乗商売に走ろうとしたっていう、今のマス芸能ビジネスの常套手段。


奴らは無知じゃない。
多分奴らはどう攻められても法的に言い逃れが出来るよう
幾つも抜け道を用意しているはずであり、実質的にモナーの制限により
不利益を蒙る人々が徒党を組んでの総力戦に臨めないだろうことも
承知の上でやってるとしか思えない。

しかし無知じゃなくとも馬鹿だろう。
今のネットからの発言力、リアルに与える影響力を少々過小評価しすぎているし、
これでこと著作権に関する企業としての倫理観や、そうした企業を見る僕らの
著作権遵守の意識も随分後退することだろう。


個人的にはこういう感じのアイロニックなカウンターは大好きだけど、
法廷で白黒はっきり付けてほしいという思いもあり。
とりあえず響鬼関連CDを軒並みCCCDで出してくれたavexを
当ブログは微塵も応援していません。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-22 22:20 | IT系

ハナレグミ /"hana-uta"

b0023732_21592667.jpg"hana-uta"
ハナレグミ
2005.9.14発売
ジャンル:J-POP(アコギスト)



初回限定DVD収録のプロモに、兼松講堂とかよく通った踏切とか
明らかに僕のホームでありハナレの地元である国立の風景が。
それだけで何か泣けた。


いつまでも思い入れのある場所、ってのがある。
何年も経ってあのひとはもういなくても、その場所に立てば
あのときの手触りとか声とかばぁーっと蘇る。

思い出すだけで胸が締め付けられるようなそういう場所が
多分誰にでも沢山あって、それは人として幸せなことなんだろうと思う。


ハナレグミの歌を聴いていると、何となく
そういう場所をふわっと思い出してしまう。

それも春の昼下がりとか夏の夕暮れとか、
そこにいるだけで気持ちのいいような
ノスタルジックなくすぐりが加わって、
暖かく切ない気分に浸らせてくれるのである。


無性に旧友に電話とかしたくなるベスト版、
DVDのノスタルジックな風景もご一緒に。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-20 00:50 | 音楽レビュー

小島麻由美「コジマ・ロックンロール・キャラバン」@広島クラブクワトロ

音鳴らし友達と見に行ってきましたさ。
はじめての生こじまゆである。


場所はオールスタンディングのクラブクワトロ、
何人入ってたかはわからないが結構満員。

ギター、ウッドベース、ドラム、ピアノという
キャラバンの名にふさわしい最小限の構成に囲まれ
登場したこじまゆはキュートな白いワンピースに
もみ上げを外巻きにしてぴっちり固めた、
こじまゆだから許されるであろうイカしたスタイルで登場。


曲目は、1st「セシルのブルース」から最新作「パブロの恋人」まで、
新旧のアルバムから幅広く披露。特に「さよなら、カエル」や「あの娘はあぶないよ」など
濃い曲聴かしてくれたのがすげえ素敵。
割とポップな新曲「サマータイム」も演奏され、非常に曲数の多い
盛り沢山な90分弱であった。演奏陣も尋常じゃなかったし。


っていうかMCですよMC。ボケボケである。

「(ギターの人に)このギターはなんていうの?」
「…(妙な間)。えー、ギブソンの○×っていう」
ふーん

本当にそのまま何事もなかったかのように次の曲スタート

その他、MCで間が持たないあまりお客から質問を募集するも
飛んできた発言を思いっきり聞き間違えてみたり、
バンドメンバーに助けを請うが如く舞台上をうろうろしてみたり。
そして鳴り響くアンコールにテコでも応えず本当に出て来ず。

仔猫か何かににおちょくられてる感覚を覚えるが、
それがまた何か癖になりそうな感じなので非常に困る。
要するにこじまゆのカリスマ性にすっかり参ってしまった次第である。
特製トートバッグも買っちゃったよ。お金無い無い言ってんのに。

加えてライブ後に某藁藁で友達の友達と友達になれたし
おかげ様で3連休はもう満腹である。さあ昼寝昼寝。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-19 13:56 | 音楽雑記

仮面ライダー響鬼 三十二ノ巻「弾ける歌」

ここ1週間ほど若干心身が疲れ気味だったために
大して更新も行わず早くも響鬼デーたる日曜日と相成った訳だが。
ちょっと今から急遽クワトロ行って小島麻由美見てくるので
その後にでもゆるりと更新予定。


一言で言うと、正直言って布施明の歌声よりも
新登場のスーパー姫の萌えっ子ぶりに脳をやられました。

**************************

さて、
P更迭から早3回。
個人的には慣れていくのね…自分でも分かるという感じで
ある意味諦観の念を禁じえないのであるが、皆様におかれましては
いかがお過ごしでしょうか。

特記することもないので、粛々と今週の響鬼へレッツゴーである。

三十二ノ巻ネタバレ
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-18 13:54 | ライダー

馬の骨 /センチメンタル・ジャーニー

b0023732_22451975.jpgセンチメンタル・ジャーニー
馬の骨
2005.9.7発売
ジャンル:J-POP(グループサウンズテイスト)


アルバム発売目前なのに間を持たすために仕方なくリリース的な事を
ヤス氏本人も言ってたが、どこまで本気か分からないのが彼らの真髄。
そんな馬の骨2枚目のシングルである。

前言ったとおりGSサウンドなのだが、
このなつかしテイストを出したのがシンバルズの矢野博康氏ってのが
何となく笑えるというか、面白!というか。

とりあえず”Red light~"のリミックスが格好いいので
アルバム近いけどファンとしては買いだったかなと。安いし。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-14 22:53 | キリンジ