<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

幼き日の思ひで

机上を整理してたら、「昔の写真」と殴り書きされたCD-Rが出てきた。

大学時代、それも現役で学園祭委員やってた時期、
1年生から2年生前半までのおよそ1年半という短い間。
しかしおそらく、僕の青春時代のハイライトを飾るであろう
最高に濃厚だった1年半が、数百枚もそこに詰まっていた。



僕のいた学園祭委員は予算規模から頭数から弱小で、
雀の涙のような予算と敷地の元、僅か10人ちょっとが頭を抱え、
時に激しい罵詈雑言を飛ばし合いながらも、とにかく全力で
「祭を盛り上げる」という至極シンプルなミッションに挑んでいた。

そんな中で僕は「学園祭企画の立案」という
一見すると一番華やかな任を志願した。
しかし少しでもイベント企画の立ち上げに関わった人なら分かるであろう、
あんな苛烈な任は普通やるもんじゃない。

プロジェクト管理技法のプの字も知りえぬ18歳のガキが
突然講堂に1000人集める企画を打つ。予算は僅か数十万。
欝症状を数度発生させかけるなどを経験しつつの紆余曲折の末に
何とかそれは形になった。

しかしそれは決して僕の成功ではない。
同士たる委員仲間にに何度八つ当たりし、丸投げし、責任転嫁したことか。
そして、徹頭徹尾のフォローを受けてなお自分の手柄と言い張った無神経さ。
写真の束を見て真っ先に思い出したのは、そんな
不甲斐無いヘタレな自分への悔恨の念であった。


しかし。
そんな苦く苛烈な日々だったにも拘わらず、
写真の中の少年は最高にピースフルな満面の笑みを、
いい大人に片足突っ込んだ僕に投げかけてくるのである。
何でお前はそんな風に笑えるのか。そういや最近僕全力で笑ったっけか。

何だかんだ言ってもつまりは、単純にあの頃は
山崎まさよしもびっくりの輝かしい日々だったのである。

激務の辛さに満面の笑みで応える君を尊敬する。
今に繋がる過去として、君を無条件で肯定する。

たとえ、僕の眼に写る君がねん土みたいな顔色して泥酔
いいちこ小脇に抱えながら口から泡吹いていようと
半ケツを晒しつつ親指を甘噛みして上目遣いでこちらを見上げていようと、
他大学園祭でチャイナ服の娘のスリットを全力で凝視してる決定的証拠が写っていようと、
それは過去の自分のありのままの姿なのでしっかりと肯定し
明日の自分の糧にしていきたいっていうか何をやってくれとんのじゃお前
危な過ぎてここに貼り付けオチにする事すら憚られるってどういう事ですか。
[PR]
by tempari_blg | 2005-07-30 09:59 | 雑記

みんな大好き塊魂オリジナルサウンドトラック 「塊は魂」

b0023732_1733147.jpg「塊は魂」
NAMCO
2005.7.20発売
ジャンル:サウンドトラック(ゲーム「みんな大好き塊魂」)


塊を転がしてモノをくっつけ大きくしていくヘンテコゲーム「塊魂」の第二作サントラ。

何がすごいって、参加アーティストの豪華な顔ぶれ。
というか、その中にキリンジの名前が。それだけで購入決定した次第である。

で、そのキリンジなんだが
作詞作曲共に本人によるものではなく、ゲームの持つヘンテコピコピコサウンドを
踏襲してるにも拘わらず音が何かもうキリンジ。
兄が編曲してるからか。兄がギター弾いてるからか。あるいはナムコが兄の元勤め先だからか。
コードワークの懲り方とかヤス氏の歌とか、全体的に涼しげでノリノリ。
ソロばかりで今年のキリンジに飢えっぱなしな人はぜひおすすめ。


他曲も全体的にクオリティ高し。
松崎しげるの歌うスウィングやYOUのボッサバラード、
カヒミ・カリィのクラブ感や野宮真貴の王道ポップなど
各アーティストの持ち味が存分に発揮。
というか小西のコンピか何かみたいに見えてくるラインナップである。
最近のゲームはすごいなあ。

特に絶品なのは「鳩よ」「嫁に来ないか」でおなじみ新沼謙治。
当サントラではディスコチューンに乗せたラップを
タマネギ先生みたいな不自然なイントネーションで聴かせてくれる。
チェケラッチョーでレッツラゴー。
[PR]
by tempari_blg | 2005-07-28 18:07 | 音楽レビュー

ITスキル継承の課題は技能にあらず?

「技能オリンピックにアニメーター部門登場」

ホイッスルと同時に、居並ぶ出場者がいっせいに
さくらタソの萌え動画とか描き始める図を想像しちょっと笑えたが、それはさておき。


この話の問題意識ってのは、
海外発注などの要因で国内にアニメ絵師がいなくなっちゃうとか
統一された技術者の技能検定が受注側にとって不可欠になりつつあるって辺り。
これってのはITのスキル継承問題と酷似していて面白い。

IT業界では、オフショア開発でインドへ発注とか
「人月」という単位による頭数メインの報酬計算ってどうなのよとかいった現状に対し、
ITSS(ITスキル・スタンダード)の策定という試みがここ2年ほどなされている。

これは、キチンとした国内技術者の育成、及び
発注側が技術者を評価するための客観的評価基準の確立、って辺りを目的とし、
経済産業省メインで取り組まれている。詳しくはこんな感じ
久々にハコモノとちょっと違ったことをしている、とそこそこ評判もいいようである。


しかし、このITSSは単なる「IT技能を有する人」だけを育てることが目的ではない。

前書いたとおりIT系の仕事って既存業務の改善だから、
当の業務を理解してるとか当該目的達成のためのプロジェクト管理とか
こさえた後の「ちゃんと役に立ってんのか」の評価とか言った
プログラミングやデータベースなどのIT技能とは違った
「ミッション全体を俯瞰するための」仕事が必要とされる訳で。
むしろ「ITマニア的な人は時にプロジェクトの妨げにすらなる場合がある」と
言ってた先輩もいらっさったぐらいである。

ITSSにはその辺が織り込まれ済みで、
IT技術者として該当する職種項目には「プロジェクトマネジメント」とか
「マーケティング」などといった、IT技能以上のものが必要とされるお仕事が、
それをこなすに必要なスキルは何か?ってことと一緒に記載されている。


アニメーターはIT系と違ってそんなに広い領域ではないし
今のところ技能の話のみに焦点当たってるけど、いずれアニメ作りの「全体」を
俯瞰できるような人材の育成が必要になる日が来るのかもしれない。
[PR]
by tempari_blg | 2005-07-27 17:40 | IT系

仮面ライダー響鬼 二十五ノ巻「走る紺碧」

ついに本放送開始から半年が経過し、
放映も折り返し地点を迎えるに至った「響鬼」。

放送から半年、ということで登場するはやはりDVD化。
響鬼も来月頭に第1巻が発売する。

一応これまでの放送分は全てビデオに録画されており
単に見返すだけであるならば必要ないのであるが、
気になるのは画質と映像特典。
前者は言うまでも無いとして気になるのは後者、
定番の出演者インタビュー、スタッフのトーク、メイキング、NG集など
なんぼか入ってるかどうかで購入するかどうか決めようかという次第である。

…すいません、オチが浮かびません
そんなこんなのグダグダで突入する今週の響鬼。

二十五ノ巻ネタバレ
[PR]
by tempari_blg | 2005-07-25 12:31 | ライダー

黄泉の国から戦士達が還ってきたぁぁぁ

もののけ姫時の森繁久彌の如くそう叫びたい衝動に駆られるほどに、
以前ラーメン汁こぼして煙吹いたノートPCが
遂に我が自宅へと帰ってきたと思ったら即時マザーボードトラブルで
DELLへUターンっていうのはどういう事ですか先生。
YouはShockにも程がありますがな先生。
[PR]
by tempari_blg | 2005-07-21 21:51 | IT系

「やりがい」を得るに必要なのは

「システム企画はニーズありき」という、
1ヶ月ほど前に聞いた先輩の言葉が未だ頭ん中をループしている。

IT使ったシステムってのは、「モノを作る」とか「金を融資する」とかいった
あくまで既存として存在する業務のプロセスの改善に寄与する「ツール」に過ぎず、
それそのものが無条件の価値を持つものではない。

よーするに、
たとえ最新の技術とか最高スペックのマシンとか使った
「自分的には最高傑作ッス!ウィッス!」、みたいなシステムも、
業務に役に立たなきゃ(゚⊿゚)イラネってことになる、
つまりニーズがない代物はガラクタにしかならんのよ、という。
まぁIT系に進む人間の一番基礎になる話である。


で、
この話が頭に引っかかる点ってのが、これってシステムの話に限らず
「やりたい仕事をする」ってこと考えたときに応用が利く話なのかなぁと。

仕事以外でも音楽でもそうなんだけど、
「出来ること」「やりたいこと」ってのが自分の内側にあって
ある程度それに沿った仕事なり演奏なりをしていきたいってのが
誰にでもあると思うのさ。

例えば、技術的にも早弾き関係とか身に着けてる
メタルバンドやりたくて仕方ないギタリストがいるとする。
しかし、そんな彼に例えばブルースバンドとかポップバンドとか
メタルじゃないところからのお誘いしか来なかったとして、
その時彼はどうするのか。

さしあたり自分に対して向けられているニーズを取るのか。
あるいは、あくまで自分のやりたいことを最優先するのか。


多分、
いわゆる「やりがい」のあることをしてるってのは
この「出来ること」「やりたいこと」「ニーズ」が全て一致してる
状態なんだろうなぁと思ったり。

まぁそうは言っても現実はなかなかそうならないもので、
その辺はバランスのとり方が重要なのだろう。


何か就活する人の語り口みたいになってしまったが
さしあたりそういう予定はござんせんよ。
[PR]
by tempari_blg | 2005-07-19 22:07 | 真面目な思考

仮面ライダー響鬼 二十四ノ巻「燃える紅」

夏が来た。

気象庁によると本日18日をもって梅雨明けだそうで、
いよいよ本格的なサマーシーズン到来である。
今日も3連休の最終日ということで
各地のビーチは人でごった返しただろうと推察される。
当社工場はそんなもん関係なくフル稼働してましたが。

さて、
毎年この季節になると「今年の夏は猛暑になる」とか
タモリ辺りが情報源であろうテキトーな会話が各地で展開される。
毎年毎年飽きもせず同じ話を何が面白いのかっていうか今年の夏は暑い

んもう外があまりに暑いので、既に仕事時以外は自室にひきこもり気味。
買い物ですら億劫がるデブ症出不精っぷり。良くない傾向である。

良くない傾向なので、先日そんな自分を鍛えるべく
太陽照りつける南中時にランニングでもしようと勢い勇んで
外に向けて駆け出した数分後に脱水症状で死にかけました
無理だって。部屋冷やしすぎてんねんもん。
部屋との温度差10度超えてんねんもん
クーラー病まっしぐらな22歳である。


と、ちょっと鬼にはなれそうもない男が語る今週の響鬼。

二十四ノ巻ネタバレ
[PR]
by tempari_blg | 2005-07-18 22:49 | ライダー

バンドはじめました

かねてより切望していた広島での音鳴らしであるが
このたび遂にバンドに参加することと相成った。

先週ぐらいからスタジオで練習し始めてるんだが、今何やってるってビギンのカバー。
ビギン以外でもブルース等に大いに意欲を上げ
特に上田正樹有山淳司のアコなブルース聴いて盛り上がるという
世にあまたあるバンドの平均から言うと稀有な部類のバンドであるっていうか
僕の「こんなんやりたかった!」っていうのと恐ろしいほどに一致。
昔のギター友達とか分かってくれると思うがモロ僕好みなテイスト。
しかも僕より遥かに経験とか知識とかある人に囲まれてるし。
いいのかこんな上手く人生進んで。

とまぁ、
アコギ好きにも春が来たぁ!という事で、
昨年度と変わらずこのブログにてライブ告知とか出来る幸せに感動しつつ
響鬼レビューは明日に打ち遣り本日はここまで。
[PR]
by tempari_blg | 2005-07-18 00:00 | guitar

そーいや2万ヒット

何か今週頭の時点で到達していた模様。
昨年9月からスタートして1万ヒットまでに7ヶ月、それから今まで3ヶ月だから
順調に伸びてっているっていうか明らかに響鬼の影響ですけど


もうすぐ1周年を迎えますが、
無駄の多い駄文は相変わらずで御座います。
文章センス溢れる友人知人の日記に憧れる日々で御座います。
泉麻人氏に一時期本気で憧れそうになった事が御座います。
氏はかつてみうらじゅん辺りとCD「コラムで行こう」を出して御座います。
冒頭いきなり氏による郷ひろみの物まね、そしてイントロが音頭調の太鼓と共に
「レッツゴーコラム、コラコラム」と入るに至り人生が心底どうでもよくなり、
それ以来氏の事を口にすらしてませんでした。

以上の内容をまとめて
「今後も精進しますのでぜひ当ブログをよろしくね」
というメッセージに換言できる気がするのは
おそらく今の僕が夜勤明けで甚だしく思考力が低下した
状況下にあるからなんじゃないかという仮説がね。
それではグッドバイ日中。グッドバイ太陽。
[PR]
by tempari_blg | 2005-07-15 08:26 | 雑記

「馬の骨」アルバム発売決定(9/21)

「馬の骨」デビューアルバム発売

デビューアルバムっすか。
何かポケビから独り立ちして「新たなデビュー」として出てった千秋とか
ユニットちょこっと組み替えてデビューのハロプロ関係とか
そこら辺をちょっと思い出した。

ライブもあるらしいんだが、
果たして広島とか来てくれるんだろうか?
大阪から一気に福岡に行くような真似をしてくれるのだろうか?
ってか来たとして、秋時点で一緒に行く相手とかいたりすんのか?
数々の疑念が渦巻きつつも基本的には行きたい方向性。
[PR]
by tempari_blg | 2005-07-12 17:19 | キリンジ