<   2005年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

帰省警報発令

本日夕刻、1ヶ月ぶりに我が家に帰ってきた。

高々1ヶ月なので大した感慨がある訳でもないんだけど、
やはり独立した社会人としてペーペーとは言え親父と同じ土俵に上ったって意識はあるので、
実家と言っても僕の家としてくつろぐ気満々って感じがない。
よその人な感覚がする。戸籍上も独立したし。

さて、
とりあえず明日からそんな長い期間こっちいる訳でもないし
プライスレスな時間をどうにか充実させていければなぁといった次第。
まずは、ソーセージとかプリンとかいった冷蔵庫にある豊富な食材を貪るという
寮じゃなかなかできないリッチな行動に出ることとする。阿呆である。
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-29 23:31 | 雑記

情報発信の「ライセンス」っつうか必要な「鍛え」っつうか

北波様よりTB。
バイオレンスジャックの話に見せかけ(たという訳ではないのだけど)、
ブログ内容における情報の正確性についてのガチなお話である。

北波様がリンクなすっていた夕刊フジの記事前半には
ブログにゲーム発売日についての誤情報を書いたところ
それを真に受けた人からのクレームを受けた人の話が。

そもそも「この人」が本当に実在するかどうかって話ではあるのだが、
大いに示唆的だったのは最後の「素人の情報に文句言わなくていいのに、と思いました」
という「この人」の発言。

検索機能の向上によりインターネット全体が
大いなるデータベースと化している中、それを受信する人に
情報選別のリテラシーが厳格に求められてられていくだろうってのは
きっと僕らにとって逃れられぬ事実なのだが、
童子に、もとい同時に個人による情報送信に対しても
その責任というか、流す情報が正確たるべく捌いていく
リテラシーめいたものが要求されるんだろう。

しかしそういうのって、受信する情報への感受性とかリテラシー以上に
ガッコで教えてくれる類のものじゃない。少なくとも現時点では。
文科省の情報教育計画見る限りでも、
要綱で情報活用能力とか言ってるものの今なお具体的な形に落とし込まれる気配が
イマイチ感じられない。技能とかスキルとかに傾倒してる感は否めない。

で、
そうするとシャバっつうか実地で学ばざるを得ないって話になるのだが、
果たして今はそうした学びにおける過渡期の段階でこれからみんな鍛えられていくのか、
それとも北波様の仰ってる「個人サイトが流行った時にも同じようなコトがあって」っていう
繰り返しに過ぎないのか。


なんて考えてつつ、TB辿っててりぃ様のエントリに。
そう、一昨日ぐらいの昼休み、ウチの職場のNHKニュースでも
職場近辺の駅で15mのオーバーランという事件が流れていた。

鉄道ってのは常に正確、かつ迅速という100%完璧な運行が求められるのだ!
それがオーバーラン!しかも15mも!許されざる大ミスだ!
運転してたのは22歳の見習い?そんな奴を恐れ多くもJRの運転席に…
何?隣でベテラン運転手が指導!横に指導者がいながらそのザマか!
有事の時はきっとしっかりフォローしてくれただろうけど、なんて
運転士が何を甘いことを言っとるのだ!
え?車両がホームからはみ出さなかったため問題なく乗客を乗降?
…そ、それでもミスをしたのは許されないのだ!
ニュースとしてしっかり我々に伝えられる必要があるのだぁ!


例の悲惨な事故を茶化すつもりはないし
同僚にも神戸出身者がいる訳で、事故の経過は本当に胸が痛む。
しかし上のニュースは明らかにあの事故がなければ
報道すらされることのない話である。
これに飛びつき空っぽなくせに食いつきはいいネタを
ポンと社会に投げ入れるってのは、あまりに情報送信元として
安い行動じゃござんせんか?

その後半に続くてりぃ様+北波様の
「ゲーム脳」と運転手を無理無理結びつけるニュースソースの
「口当たりのいい「分析」の道具に落とし込もうとするやり口」に対する怒りも
同感と言うか自然な反応。
原因究明→これからのためにそれを除去ってのは社会発展に不可欠なプロセスだけど、
その原因を今の社会で分かり易い「悪者」に強引に背負わせて
適当な暴論を垂れ流すなんつう行動、これがホントに
事故の再発防止を真剣に願っての行動なのか?
なんて怪しまれちゃっても仕方ないだろ。


ブログの誤報と事故関連の当て推量話に共通して言えるのは、
情報を生み、流すという一連のプロセスについて「鍛えられて」ないって事かと。
これって「ソースは明らかに」や「論法の枠組みを明確に」や
「その論を唱える事が何故、どう「望ましい」のかという検討」っていう
学校とかのアカデミックな場で問われ、鍛えられてくべきものではなかろうか。

そう考えると、その修練のための座学ってのは軽視されがちなんだけど凄く重要で、
またそうした問いかけを行う場ってのも必要で、と。
つまり結局のところ「勉強せい、鍛えろ」って事かと思う。
もちろん僕にも当てはまる話なんだけどさ。
休暇で肉体的にダラダラしていつつも、
頭はなるたけ回転させてくよう心がけていかないと。


※追記。
前半でガッコが情報捌き教えてくれないって書いときつつ
終いにアカデミックな場の重要性を論じてる矛盾点について。

つまりIT化に伴う情報リテラシー教育ってのが前半で言いたかった
文科省の抜けてる部分なんだけど、結局「情報を上手く集め、まとめ、発信する」って事の
根源は既存のアカデミックな思考の方法論に帰着するのかしら、という。

済んだエントリなんぞうっちゃっといて
忘れた頃に誰かに指摘され大恥かいたほうがいい気もするものの。
読み返してしっくり来ないから5/1に加筆しましたって感じで。
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-29 23:05 | IT系

ネ申、光臨。

CEO。
正式にはchief executive officer。
企業における最高経営責任者、つまりトップである。

企業の舵取りという行為自体、常人の想像を遥かに凌駕する
過酷にして困難なミッションである。
競合他社との激しい競争や劇的に変化を遂げる社会の波に
常に直面しつつ、それを乗り越えねばならないのである。

しかし、CEOに泣き言は許されない。
自らに期待し投資を行った株主の為、
自らを信じ共に戦ってくれる戦友たる従業員の為、
そして社会の為。

自らの誓った理想を決して曲げず、
謳った公約を決して諦めず、
CEOは戦い続けるのである。

そして、今日。
ひとりのCEOが、
自らの理想のため戦い、
そして、散っていった。


(以下、CNETより引用)

「オペラCEO、水泳による大西洋横断に挑戦--Opera 8の100万ダウンロード達成で」2005.4.26.12:01

 Opera SoftwareのCEO、Jon von Tetzchnerは、同社製ブラウザが目標としていたダウンロード数を達成したことを受け、大西洋を水泳で横断し始めた。

 Tetzchnerは先週、「Opera 8」がリリースから4日間で100万件以上ダウンロードされたら、ノルウェーから米国まで泳いで渡ると宣言した。そして週末、このダウンロード数が達成されたため、同氏は約束を守ることを改めて表明した。

 Tetzchnerは声明のなかで、「自分の水泳能力や健康状態などは度外視して、場を盛り上げようという情熱から先日のような公約をしてしまった。しかし、公約の実現に向け、私は全力を尽くすつもりだ」と述べた。

 同社によると、Tetzchnerは現地時間25日に「凍り付くようなオスロフィヨルド」から、米国に向けて泳ぎ始めたという。またOperaのウェブサイトによると、同社の広報担当マネージャEskil Sivertsenが、「CEOの発言を公表した自責の念から」ゴムボートでTetzchnerに併走しているという。

 同CEOが本当に公約通り、米国まで泳ぎ切れるのかどうかはまだ分からない。

 Tetzchnerが計画したルートでは、「母親の手作りココア」を飲むため、途中アイスランドで休憩をとることになっている。Tetzchnerのその後については、26日にも最新情報の発表が予定されている。




のどかなお昼休みのオフィスにて
まさか笑い死にしかけるとは思いませんでした
そして夕方。

(以下、ITmediaより引用)



「Opera CEO、大西洋横断のチャレンジ終了」2005.4.26.17:57

「Opera 8がリリースから4日間で100万ダウンロードを達成したら、ノルウェーから米国に泳いで渡る」との公約通りノルウェーの海に踏み出したOpera Softwareのヨン・フォン・テッツナーCEOだが、そのチャレンジは2日目に終わりを告げた。

 特設ページの報告によれば、ノルウェー南部の海岸沖で、付き添いのPRマネジャー、エスキル・シルバートセン氏が乗っていたゴムボート「Phantom」号がパンクしたという。テッツナー氏はシルバートセン氏を救助し、そこでチャレンジは中断された。2日目の行程が始まっておよそ1時間後のことだった。

 「妨害活動の可能性も噂されているが、ゴムボートの状態が悪かったことが原因かもしれない」と同社は説明している。

 「命が助かったのはヨンのおかげ。米国へ泳いでいくという彼の夢を台無しにしたことでクビにされませんようにと祈ることしかできない」とシルバートセン氏は特設ページでコメントしている。

 またOpera広報のトール・オドランド氏は、「同僚の陰口を言いたくはないが、エスキルが泳げない上に地図も読めないと知っていたら、ヨンのサポートはやらせなかった。責任の一端を感じている。ボートなしではチャレンジを続行できない」ときまり悪そうに話したという。

 特設ページには「キッチンの窓から救出劇を目撃した地元の住民が強力な望遠レンズで撮影した、驚くほど鮮明な写真」と称する写真が掲載されている。


(写真;救出劇を写した「驚くほど鮮明な写真」の1枚)


 (救出劇の)噂を聞いて海岸に集まってきた大勢の人々に、テッツナー氏は「英雄とたたえられた」とOperaは報告している。

 「いつも米国まで泳いでいくことを夢見ていた。今回のことはまたとないチャンスだと思った。ゴムボートもPRマネジャーも、起こるべくして起こった事故だが、同時に起きたのは間が悪すぎた」とテッツナー氏。「人々が恥ずかしいゴムボートの事故よりも、私の挑戦への意欲を覚えていてくれるとありがたい」

 同氏はコメントの最後をこう締めくくっている。「ホットチョコレートを飲みに寄れなくなったと電話したら、母はがっかりするだろう」


よく頑張った。
最近めっきりネタに恵まれなくなったこのIT業界において
よくぞここまで戦った。
僕は久しく見ぬ貴方の英雄的行動に対し
全身全霊を込めて敬意を評すと共に、
最大級の愛情を込めてこの言葉を送る。

クオリティ高過ぎwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwっうぇwwwっうぇww



なお、事の顛末はこちら(Opera公式)で見ることができる。
写真も多く取り揃えられており、力一杯笑える内容となっているので笑え。
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-26 21:53 | IT系

仮面ライダー響鬼 十三ノ巻「乱れる運命」

「響鬼」も先週の十二話で全体の4分の1を消化。
なかなかに前衛的ななライダーのフォルムと
細川茂樹主演という話題性もあり、
比較的大きな話題性を呼んで早三ヵ月である。

現在「響鬼」でググると引っ掛かる件数は622,000 件。
響鬼関連で何がしか定期的に書かれてるブログも、
詳しくは知らんけどこちら等を参考にする限り結構な数に及んでる様子である。


しかしながら、
何だかんだと言いつつも「響鬼」は「子ども番組」である。
いや別に貶してるとかそういうんじゃなく
1号が活躍してた頃からライダーは基本子どものために戦うヒーローであり、
大人も楽しめるクオリティってのは必要と思いつつも、
それを履き違えた結果として子どもが熱狂できないような作品じゃ
駄目だろうと思う次第。

スパイディーは大人も子どもも見てて燃えられそうだけど
キリヤ氏のキャシャーンとか多分子どもが見てもポカーンとしてしまう筈。
キリヤ氏の念頭に子どもをターゲットに意識してなきゃそりゃそうなろうが
個人としてキャシャーン嫌いではないとは言え
「ヒーローが活躍する」って映画としてはそりゃどうなの?って気は多少、する。


で、
実際のところ響鬼に対しての子どもの反応はいかに?
視聴率としてはコレを見る限り「堅調と言ったところ」のようだ。
おもちゃの売り上げとしてはディスクアニマルを筆頭に結構好調な様子。
ともあれ数字とかだけではイマイチよく分からん感じである。

それよか子どもの生の反応。
いつぞや行った屋久島では、何やら絡んできた子どもに
「ナマ言ってると響鬼に変身してやっつけちゃうぞ」等とからかったところ
「おまえヒビキなの~!?」と興奮した様子で大騒ぎされ
非常に愉快であった。

また、昨日近所の公園でぼへぇっとしてたところ
遊んでたチビッ子が「シュッ!」
ヒビキさんの仕草を模してたのを発見。
こんな様子を目にし、結構メインターゲットである子どもには
ちゃんと受けてんだなぁと感慨深かった週末である。


さて、今週の響鬼。

十三ノ巻ネタバレ
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-24 19:20 | ライダー

劇場版「仮面ライダー響鬼」設定情報公開

詳しくは書けない。
未見の方は何だったらこっち見ていただきたい。

劇場版ネタバレ
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-24 19:17 | ライダー

祝1万HIT

響鬼更新のため今しがたチェックしてみたところ
どうやら今朝方ぐらいに1万越えてたみたいである。

始めて半年強、友達とか結構前に1万とか達成してたっぽいが
まぁ他所は他所ウチはウチと、粛々と更新し続け今に至ると。
見てくだすってる皆々様のお陰で、
当初よりは文も中身も多少は鍛えられてきたかもしれない。

見てくだすってる人を意識するってのは重要である。
意識するからこそ、少しは身のあることを書いてこうって気持ちが生まれ
工夫を凝らしたり表現練ったりするうちに、
その結果ちっとずつ文とかも向上してくもんである。と思う。

皆様の視線が僕を成長させてくだすってるのデス、なんて
エラそうな事を抜かしたくはないのだが、
ともあれ皆様、ありがとうございます。


さて、
問題は今後どうするかなんだが。
アメリカのEFFが「ブログでクビにならないためのガイドライン」を発表したらしく、
それを読むに本名から会社から実質晒しちまってる当ブログは
きゃなりヤバい感じな訳である。

さしあたり、
日本ではまだブログと企業にまつわる問題ってのは
顕在化してるとは言えない。しかし、機密漏洩が重要な問題と言われる昨今、
こうした個人の情報発信には企業側も過敏意ならざるを得ないのが実情だろう。
というか、僕が経営者だったらできれば従業員のブログとか見張りたいもん。逐一。
何言われるか分かったもんじゃないし。

しかしながら、
僕はできる限りこのブログの輪郭をぼやけたものにはしたくないのである。
全く何処の誰か分からない名無しさんが書いている、ってのと
住んでる場所とか年とか、ちょっと書いてる人のバックボーンが見える、ってのだと
僕が読む人だったら後者のが魅力的。

例えばこんなおもろいエントリを中学生が!?みたいな衝撃ですよ。
それにある程度自分の手の内見せないと、書いてることに責任感を持たせられない。
完全匿名、素性全くの謎ってゴルゴさんのカキコじゃ2chと変わりあるめぇよと
どうしても思っちまうのである。


問題は書き手のバックヤードをどこまで見せるのか?ってところなんだが。
せいぜい年齢とか軽い職業カテゴリぐらいなのか。今の僕見せ過ぎなのか。
かと言って今更消すのも白々しく、かつやっぱここまで明らかにしとけば
逆に滅多な事書けねえなって緊張も生まれようて。
つまり犯罪告白とか会社の愚痴とか近しい他人の嘲りとか
その手の「滅多な事」を希望の方は別のとこ見る、ってぇだけの話かなと。

そんな訳で締りのないエントリではありますが
今後ともよろしゅうお願いいたしますモニター向こうの愛すべき皆々様。
何だかんだ言ってブログ楽しい。
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-24 18:47 | 雑記

ショットバーでのリラックスタイムに

ようやく今週も終了。
今日は一人でまったりとバーでカクテルを嗜もうかしらと
ふらっと立ち寄ったお店でネットを使わせてもらえ、
ただ今カクテルのZOMBIE呑みながら書き込みしてる状態である。

ところでもうすぐ黄金週間。
僕はさしあたり東京に戻るつもりなので
その際に旧友や家族と呑んだりしようかという所存なのだが、
実のところそうのんびりとしてられぬ事情がある。

こいつである。

広島フラワーフェスティバルという広島最大のイベント、
その最終日である5/5に何の因果かよさこいなる踊りを舞う事に決定
ひょんなことからノリで冷やかしに行ったところそのまま拉致られるという
我ながら見事な巻き込まれっぷり。
昨日も豊満に熟したおばさまご婦人の方々に囲まれ
ひたすら練習を繰り返してた訳である。

しかし結構悪くない。というか、年の違う方と
わいのわいの雑談しつつ体動かすっての純粋に楽しい。
新入社員始めて1ヶ月経ったのだが、同期の、しかも勝手知ったる連中だけで
自分から世界固定しちゃってる人って結構いて。
今後長く暮らすであろうこの地で、
せっかくなんだから社員以外でもあっちこっちに友達作った方が楽しいぜおまいら、
ってのを次の練習前にでも仲間内に呼びかけてみようかな。
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-22 22:58 | 雑記

配属決定

昨日無事に全体研修が終了。
当初の予定通り情報システム部に配属され、
向こう半年は見習い研修期間である。


聞くところによれば、
情報システムといってもネット周りなど社内システムの保守、
いわゆる「プールの監視員」だけをやってる時代はとうに失せ
今はITによる社内業務改善を「主体的に」やっていかにゃ
存在意義はないよって話を本部長から伺う。望むところである。

ウチの会社では「車つくって売る」という
実にシンプルなスタンスで金儲けしてる訳であるが、
車なんてのは完成品としては究極に複雑なだけに
部品購買から生産から在庫管理から、あらゆる面において複雑の極み。
業務のあらゆる部分においてITの組み込みは急務なんだが
ウチはまだまだ発展途上。これからたっぷり仕事入ってくるらしく
食うには困らんようで有り難い話である。なんて。

同時に、
研修には夜通しの保守研修みたいのも組み込まれており、
何ちゅうか伝統的なサーバ管理っぽいこともやるみたいで
「粛々と」を座右の銘に掲げる僕には珍しく現在結構ハイ。
明日も明日とて部署説明だが、こんなワクワクする感覚は
学祭委員やってた頃以来久々である。
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-20 21:53 | IT系

i-radio「kiki KIRINJI」Vol.25

遂に馬の骨本格始動?
ブロス読んだ感じでは今年一杯ヤス氏は馬の骨として
活動するようだが、キリンジとしての活動はいかに。
ともあれキキの感想をば。

Vol.25ネタバレ
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-18 22:21 | キリンジ

仮面ライダー響鬼 十二ノ巻「開く秘密」

昨日はちょいと社内の花見イベントに参加。
新入社員の立場をいい事にさんざ奢っていただいた挙句
あまつさえ先輩に寮まで車で送って頂くというお世話になりっぷりを発揮。
更に言うに事欠いて「合コンとかありましたら是非!」とか抜かしやがってしまい、
我ながらクソバカだと反省しつつも激しく今後に期待しているという
そんな煩悩丸出しの新社会人が上梓する、毎週恒例響鬼の感想である。

今週の響鬼ではたちばなのラボが登場、
猛士について更なる説明もなされたようなので
折角だしNPOとしての猛士について分析を試みようと思ったのだが、
前述の如くさんざお酒など奢って頂いたが為になかなかに頭痛てぇ。

ネット環境が無い状況では十分な分析材料も集まらないので
その辺の話は五月以降って事で勘弁していただきたいという感じである。
大体まだ九ヵ月残ってるし、ネタは温存しといた方が後々よかろ。


そんな言い訳はさておき、今週の響鬼である。

十二ノ巻ネタバレ
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-18 20:28 | ライダー