カテゴリ:IT系( 36 )

【ジョブズ氏追悼】マック専用の傑作RPG「サムライ・メックⅡ」

俺の家にマックがやってきたのが小六ぐらいの頃。
Performa550っていう、メモリ6MBでHDDが160MBっていう今から見ると微笑ましい
スペックだったけど、パソコンに触るの自体が楽しくて、お絵かきソフトで一日中
遊んだりしていたもんだった。
たまに出る爆弾やら「Sad Mac」なる泣き顔アイコンやら、システムエラーにすら
遊び心が感じられる、ムカつくマシンだった。

当時何故だかマカーだった親父はBeginner's MACっていうマック初心者向けの雑誌を
定期購読してたんだけど、その付録CDに付いてた体験版で心底俺がハマり込んだのが
「サムライ・メックⅡ」っていう実にヘンテコなゲームだった。
その面白さたるや3日かけてクリアした時点でもう続きが待ちきれなくて、その週末に
親に秋葉原連れてってもらって買ったもんな。小学生の分際でお年玉はたいて1万円近い
買い物だったはず。


どんなゲームかは公式情報サイトを見れば分かるんだけど、簡単に言うと「サイバーパンク
SF時代劇RPG」
。メックと呼ばれる機械を武具に仕込んだ主人公が、江戸群島というコロニー
を渡り歩いては賞金首を倒していくという話。
謎解きの面白さ、上・中・下段の構えを選びながらの1体1バトル、最大三人まで嫁を囲える
インモラルなイベント
、など色々あるんだけど、なんといっても白眉は敵のグラフィック!
16色パレットで描かれたとは思えない超美麗かつ異形な化物がこれでもかと登場するんですよ。
ちなみに、お気に入りは添付の「百地 夢幻斎」。

b0023732_20421882.gif




気付けば全然ジョブズ氏の話じゃなくなってるけど、これだけの傑作を産み出すマックが俺は
好きだった、ということで。南無。
[PR]
by tempari_blg | 2011-10-06 20:42 | IT系

mixi無しでは生きていけないとか言っちゃう人って最近結構いそう

ミクシィのアカウント「いきなり削除」で大混乱

このニュースを見るだに、いかにmixiがコミュニケーションツールとして
社会インフラ化しつつあるかが窺い知れる。詳しい経緯は知らないけど、
例の三洋電機社員がカノジョのエロ画像を流出させちゃった件とかに対し
今や上場企業であるmixi運営サイドが強硬路線に出てるって話と推察。そりゃ株晒してる
企業の運営するサイトがカオティックじゃまずいだろって。

正味な話mixiだって言ってみりゃ「たかがネットのオモチャ」なんだけど、現状の
僕らの生活への浸透の仕方は、ただのオモチャと片付けられない域に達してる気もする。
僕だって起きて直ぐと寝る直前は必ずmixiチェックして人の日記とか読んでる訳だし、
ある朝いきなりアカウント消滅してたりしたら多分結構焦る。


そのくらい身近なものにmixiがなりつつある一方で、あまりにmixiに無防備に
なり過ぎちゃう事例が多いのはちょっと怖い。

上記の三洋電機事件だって、画像流出させちゃった馬鹿社員とそのカノジョが
共にmixi側に本名でアカウント持ってたことが余計に騒ぎを大きくし、カノジョの
高校のコミュに画像貼られたりしたそうだ。あと客の悪口を日記に書き殴った
某ファーストフード屋のバイトが袋叩きにあってmixi退会した上、当のフード屋も
弁明のコメントか何か出したって話もあったのを覚えてる。

もはやmixiのアカウントってリアルな自分の分身に近いから、一度油断して「羽目を外す」と
実社会にまで結構な実害を及ぼす。旧友とのコンタクトを取りやすくするためにリスクを
背負ってでも本名登録するんだ、っていうような覚悟があるならいいけど、できれば
mixiったって匿名&アナーキーなネットの海から何ら隔離などされてないことを
ユーザはみんなしっかり自覚した方がいいと思う。

最近特に思うけど、周りの人が結構自分の内面やプライベートに相当踏み込んだ
日記とか晒しててちょっと心配になる。もっとも自分の私的な話だけなら
自己責任の一言で済むかもしらんけど、他人の私的な内容とか他人への批判とか
結構考え無しに日記やコメントとして載せてる人も中にはいて、それはmixiに対する
認識が少し甘いように感じられる。うーん、こういう発想は保守的なんだろうか。
[PR]
by tempari_blg | 2006-10-17 23:27 | IT系

続・初級シスアド

多分通ったはず。
やたらウが多かったとか午後問題が結構難解だったとか
大した感慨はないんだけど、なーんとなく手ごたえはあり。

さて、来週は曲作りとか職場の野球大会とかレストランで定例のライブとか
色々とやること多いんで今日はとっとと就寝。
[PR]
by tempari_blg | 2005-10-16 22:29 | IT系

初級シスアド

明日受けてきます。

簡単は簡単なように思えるけどものの本には合格率30%とか書いてあるため焦る。
しかも内容的に新入社員研修でヒーコラ受講したネタが詰め込まれてる感じなため
落ちた場合研修がまるで身に付いてないって話になりそうで焦る。
更に去年ドットコムマスターをまんまと落とした苦い経験があるためなお焦る。

まぁ何だ。あんま鍛えてないけどやれるだけ頑張ってみようかなと。
[PR]
by tempari_blg | 2005-10-15 20:48 | IT系

「こちら」というリンクの貼り方とブログ知の繋がり、集約について

「ここ」リンクは駄目です(化ケモノ青年)

白倉氏のブログに上記ブログから指摘が入った話について
あんまり無自覚だった反省の念に駆られたので一筆。


猛士で言うと吉野に当たるW3Cでは、
「認知障害や目の見えない方々」を含めたあまねく人への
アクセサビリティという観点から、ガイドライン上において
各リンク部分は、その行き先が明確にわかるようにする」旨推奨されている。

要は、自然言語としてのアンカーとHTMLとしてのURIが
一意に定まってないと不適切であるという考え方。

この発想は、「引用元の明記」を含む学術論文のルールを基に
検索等HTMLならではの技術的な特性を加味したもの。
元々は80年代初頭から学術利用を主として始まってるのが
HTML(っつーかインターネットの原初)なので、HTML文書における
上記のようなルーリングは必然の流れだったわけだ。


僕としては、最近はブログにおいてTBが使われ始めたことで
この推奨事項はより重要な意味を持ってきているんじゃないかと思う。

TBは「原則的には」引用したブログに対して送信するもので
相手のブログにはタイトルや著者名などTB送信元の諸々の情報が
反映されるっていうのが通常。そうすると送信元のエントリに
「ここ」とかいうリンクが貼られてるのは、引用先の明示が
されてないって話になって拙い訳だ。


しかしこの「「ここ」リンクダメルール」、おそらく現在
利用者と用途が共に限られていた成立時期と違う挑戦に晒されている。

何しろ、今は利用者も全人類的なレベルに膨れ上がり、それに伴い
そうした学術的な発想による「知」のアップロードという観点を
まるで持たないコンテンツが氾濫してるわけで。

TBにしたって上記のような引用ルールを踏まえて使われないのが
最近はむしろ主流だ。それは例えば「響鬼」とか「ガンダム」といった
同カテゴリーの記事にTB飛ばしまくり、一種のコミュニティ性を
醸成しつつある例が多く見られる。飛ばされた側は相手記事を
「読んだ」、あるいは広い意味で「承認した」証としてTBを「お返し」する。


この期に及んでネットの利用法が一元的たることにハッピーを感じないので
上記についての是非を論じるつもりはない。ただ、白倉氏の言う
「「全人類的」でありうる要素を、流動するネットワークに提供できるかどうか」は、
その「自覚」と「覚悟」のある情報発信者が中心的な担い手として、
「「ここ」リンクダメルール」みたいなものに従った「知」の提供を行う事になる。
その中で、内容と形式が共に「認められた」コンテンツが権威を持っていく。


そうした「知」の形成において、そうした「知」の積み上げには関心を払わないコンテンツ、
誤解を恐れずに言えば「ノイズ」をいかに捉えていくか、というのが大きな課題。
無視した上で一部の担い手による「知」のリンクを形成していくか、ノイズもまた
「知」の構成要素と捉えるか。その辺は個々の価値観に依存する話なんだろーな。


見返すだにまとまりの無い文章。最後に上述した「ノイズ」を集約し
意味のある「知」を形成しようとしている試み(なのかなー)を紹介。

「話題の.jp」

知ってる人はとっくに知ってるんだろうけど
ブログ記事上にリンクされてるURIを自動検索、カウントして
ブログの話題に上っているサイトをランキングするというサイト。
僕の同僚の友達がこさえたらしいんだけど非常に面白く、
「口コミ」メディアとしてのブログの可能性について示唆的でもある。
[PR]
by tempari_blg | 2005-10-10 10:29 | IT系

初仕事いっこ片付く

いやー終わった終わった。社会人初仕事が無事終了でありまして。


1ヶ月前から粛々と始まったOJT、
最初はまぁ易しいというか、既に骨子固まってる企画引き継いで
上司にフォローしてもらいつつユーザに説明とか書類書きしてた次第なんすけど
こんだけのことができないの何の。えらいこっちゃである。

自分の食い扶持稼ぐのは誰にでもできているように見えるが
それでいて難しいもんだなぁ、とたまにはこう日記的なことも書いて
近況を明かしておかないとちら見しているらしい親族関係が
結構心配するらしいのです。落ち込むこともさしてなく私は元気です。
[PR]
by tempari_blg | 2005-10-06 22:53 | IT系

続・お出かけ時と同様にネットに自分晒す際も服ぐらいは着とけ

またまた出現、お馬鹿さんブロガー。

事の顛末はこちらに詳しいのだが、
要するに嫁がバスに幅寄せされたというのを間に受けクレーム、
謝罪にやってきた職員を口汚く罵った挙句彼らの写真と本名を
罵りの一部始終と共に誇らしげにブログに公開。
しかも幅寄せの件も嫁の捏造が多分に含まれていたらしいという証言も出て
2chに祭り上げられているという問題のブログがこちら↓。

ジョリーロジャース的。


匿名のコメントの殺到に発言権がどうとか
またも口汚く罵っておられるよう。自称ジャーナリストにしては
あまりに稚拙な文章表現っていうか自己紹介本気にする限り

大学の同窓だよこいつ…。

僕は今無性に悲しい。


匿名性の高い発言による批判の是非なんかはこの場合重要じゃなく、
あくまで一連の事態の中で顕在化した事実としての「状況」について
法律やら倫理・コモンセンスからの逸脱といったものを
極めて理性的に見ていくことでしか「是非」を論じることは出来まい。

然るにこの「ウチの大学のセンパイ」も、エアロバキバキの人同様に
自分でネットに投げ込んだコトノハが生んだ状況のケジメを問われている訳であり、
匿名だから卑怯とか本名晒しているから潔白とか
自分で「状況」を作り出した以上そんなことは甘ったれた逆切れにしかならぬ。

そもそも、非匿名性の担保なんてのが
自分の発言への責任なのか単なる自己顕示欲と虚飾の反映なのか
何時だって紙一重なんだから。誰だって僕だって一人称の自分語りは
名無しさんとしてのつぶやきより往々にして気持ちいいんだから。




しかし、そもそもこういう一連の方々の右往左往見るだに、
ブログがどうこうというよりは人としての品性の問題のような気がしてきた。
モノを書くにせよ、日々を生きるにせよ、凛として立つって当たり前のことが
意外と僕らはでけんもんなのかもなー。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-30 22:58 | IT系

お出かけ時と同様にネットに自分晒す際も服ぐらいは着とけ

【祭り】ボディを蹴り飛ばしてエアロバキバキにぶっ壊して人生終了

要するに、事故り「そうになった」馬鹿大学生が
相手を妻子の前で土下座させた挙句に
エアロパーツバキバキにぶっ壊した旨をブログにアップ。
それをいつもの如く2chが発見し祭りになっているという。


きんもーっ☆」の一件から大して日も経ってないのに
またしてもブログ経由での迂闊な発言によるネタ。
うーん、何ちゅうか。情報発信する主体としてのタガが全国的に緩んでるというか、
あまりに自覚と覚悟と自省ができんままモノ書いてるのが多過ぎやしないか?

今回もまた張本人の個人情報が
本名から大学、内定先の企業、果ては父親の顔に至るまで
ダイナミックに全世界へとダダ漏れた訳なんだが、
そのソースの多数はどうやら他ならぬ本人が書いてたブログのエントリ。
自分で撃った弾喰らって悶絶してるようなもんで、
正直同情の余地はあまりに薄い。


最近はブログに加えmixiで書く日記も大繁盛してるんだけど、
これももう何か凄い。かなり陶酔型な自分語りに混じってさりげなく
家族や恋人や友達についてかなり踏みこんじまってるエントリを
ポンと手元のパソに呼び寄せることが出来る訳で。
本当にいいのか?みんな本名出してる仲良しユートピアとは違うんよ?
匿名ユーザなんか腐るほどいるのよ?いやマジに。


個人による情報発信ツールの向上がもたらす色んな屈折については
今後も引き続き考えていきたいテーマとして。とりあえず今回の教訓は、

「せめてネットに日記上げるからには、法に咎められん程度には
品性と知性を保った暮らしをしていきたいもんだね☆てへっ☆」

ってことでござんしょうか。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-27 23:04 | IT系

新人研修ひと区切り

配属部署の研修報告会という、
これまでの研修期間を踏まえ来年度研修に向けた改善案とか
本部長らVIPPERを前にプレゼンするギグが本日ようやく終了。

配属自体は8月頭にしてたから、研修日程からは結構間が空いた報告会。
研修期間は工場行ったり東京行ったり色々したが、学んだ知識は多かれど
依然として青臭い未熟さを取り払うには至っていない模様。
まぁそんなもんであろう。成長なんて自覚できる類のもんじゃない。



そういや随分涼しい風が吹き込むようになった。
すっかり空気公団が似合うようになった季節に、
秋風吸い込みつつとりあえず今日は早いとこ寝よう。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-26 19:38 | IT系

のまネコをあくまで著作物と言ってのけるのなら

のまネコ問題


要は2chのAA「モナー」をパクり、
ネット事情にさして詳しくないF1層とか中高生狙って
便乗商売に走ろうとしたっていう、今のマス芸能ビジネスの常套手段。


奴らは無知じゃない。
多分奴らはどう攻められても法的に言い逃れが出来るよう
幾つも抜け道を用意しているはずであり、実質的にモナーの制限により
不利益を蒙る人々が徒党を組んでの総力戦に臨めないだろうことも
承知の上でやってるとしか思えない。

しかし無知じゃなくとも馬鹿だろう。
今のネットからの発言力、リアルに与える影響力を少々過小評価しすぎているし、
これでこと著作権に関する企業としての倫理観や、そうした企業を見る僕らの
著作権遵守の意識も随分後退することだろう。


個人的にはこういう感じのアイロニックなカウンターは大好きだけど、
法廷で白黒はっきり付けてほしいという思いもあり。
とりあえず響鬼関連CDを軒並みCCCDで出してくれたavexを
当ブログは微塵も応援していません。
[PR]
by tempari_blg | 2005-09-22 22:20 | IT系