サディスティック・ミカ・バンド/Narkissos

キリンジと一緒に買ったけど実はキリンジより気に入って聴いてるロックの名盤。
木村カエラをボーカルに選んだミカバンド、17年ぶりのアルバムである。

そもそもミカバンドの初出は72年。フォーク・クルセダーズの加藤和彦が主催して云々という
薀蓄を83年生まれの僕が語るのは明らかにおかしいのだが、大学の師匠の薦めもあって
「黒船」とか気に入ってめっさ聴いてたんだからしょうがないだろ。皆70年代の日本ロック
もっと聴けばいいのに。外道とか村八分とか心底カッコいいのに。

で、このアルバム。完成度の高さは僕ごとき若造が云々すること自体おかしいんだけど、
結構思ったのが「カエラ上手いなぁ」と。歌い手さんとしては癖のないさらっとした歌唱力が
日本語ロックによく映える。しかし何とも小気味いいのが、それこそ女子高生とかが
カエラ目当てでこのアルバム買ったりする訳でしょ?音としてはもう直球ギターリフとか
フォーキーな加藤和彦サウンドとかばっかりなのに。それで「こーいうのもアリかも」とか
気付いて高校の文化祭でミカバンドやるガールズバンドが多発したりした日にゃ、
40代後半のおっさん教師とか喜ぶだろうなぁ…。

単なる懐古趣味なんかじゃない一枚。自称ロック好きはまずマスト。EUREKA!
[PR]
by tempari_blg | 2006-10-30 23:18 | 音楽レビュー


<< 広島グリーンアリーナでライブを... キリンジ/DODECAGON >>