湯川潮音 /湯川潮音

湯川潮音
湯川潮音
2005.1.25発売
ジャンル:聖歌声POP


この声と楽曲の世界観に圧倒されて以来
未だにヘビロテを続けている潮音のメジャー1st。

これまで見られた、鈴木惣一郎プロデュースによるアコースティック主体に
聖歌の和音を盛り込んだ荘厳なテイストは今回若干減。
James Ihaが絡んでる曲どころか、鈴木プロデュースの曲まで
かなりエレキのファズった音が聴こえてくるのに驚き。インディーズにたっぷりと
盛り込まれていた湯川イズムの中毒者としては、その辺の曲はイマイチ物足りない。
そんな人は杉並児童合唱団を起用した「聖堂の隅で」や
荘厳な終末ソング「キルト」でまず間違いなく脳髄をやられる。

それでいてメジャーらしく、あまりな異形感が影を潜めたよう。
万人に聴かせ、泣かせたい純粋な温かみを持った音楽になっている気がする。

元ちとせの二番煎じとか言ってたやつをITMSで見たが
この世界観は全く別個。是非。
[PR]
by tempari_blg | 2006-01-24 23:31 | 音楽レビュー


<< 下手の考え休むに似たり 仮面ライダー響鬼 最終ノ巻「明... >>