仮面ライダー響鬼 三十四ノ巻「恋する鰹」

とりあえずプロデューサーの更迭から早くも1ヶ月以上が過ぎ。
肯定やら怒涛の批判やら脱落やら、響鬼ブログも悲喜こもごもである。

そんな中、旧路線復活を望む声が遂に「たのみこむ」に。
『仮面ライダー響鬼『完全新生』路線復活運動』としてブログも立ち上がり、
結構たくさん賛同者を集めている模様である。


ブログのコミュニティ性とかメディア力とかの行く末を追っかけていきたい
当ブログとして、っていうかそもそも響鬼追っかけブロガーとして
さてどう関わったもんかと思案を巡らしてみたところ、とりあえず
「静観」の方向性でということで脳内マサル会議がまとまりました。

良かった悪かったで感想綴る観点が僕には抜けてるのもあり、
出てきたものにツッコミ当てるというスタンスに徹したいのもあり、
「運動」とか「批判精神」とかまで行くほどの情熱を燃やしてないのもあり、
そもそも根本的に何に熱い情熱傾ける性分じゃないのもあり。座右の銘「粛々と」だし


個人的には当運動が成功して昔のスタイルが戻ってきたら
ラッキーぐらいのスタンスである。頑張ってください、頑張る方々。

我ながら無責任極まるなーと思いつつ今週の響鬼である。






布施明の欠陥商品によりシフトを滅茶苦茶にされつつも、
どうにか響鬼のパワーアップにより魔化魍撃退に成功したたちばな勢。



さて、
今週の響鬼は夜の高級レストランから。
散々悪口を触れ回っていた小暮さんを絶賛とか
ドン引きだったはずの日菜佳さんに萌え気味とか
ここ数回で文字通り完全新生を果たしたトドが、
日菜佳さんの誕生日にと用意したパーフェクトな設定である。

日「いいんですか…?こんないいお店に連れてきてもらっちゃって」
ト「心配しないでくださいよ。今日は日菜佳さんの誕生日なんですから」

遠慮しないで食べてくださいね、と紳士を気取るトドに対し
お前それ絶対前フリだろと全国数百万視聴者の誰もが思ったと推察されるが
果たして乾杯と共に口にしたワインを「ブフォッ!」と噴出すトド。

以降も切り取った肉を日菜佳さんに当てるとかテーブルクロスひっくり返すとか
不器用どころか欠陥人間だろこいつといった趣であるが、
あまつさえ最後にプレゼントと称して手渡したのが鰹丸ごと一匹
記念すべき二十歳の誕生日に上寿司要求した女を僕は知っているが
流石にこの場において生魚は人としてアウトである。

たちばなに帰着した絶望的な顔のトドと
養豚場の豚でも見るかのように冷たい目の日菜佳さん。
なおも折角なんでとか言って鰹を手渡す馬鹿を家屋から締め出し
姉を前にして鬱に入るのであった。っていうか「早くも倦怠期なのかな」って
だから何時からそういう設定になっとったのかのかと小一時間


一方ヒビキさん、
母不在のためおにぎりを買い込むという不摂生な明日夢君に
コンビニで偶然遭遇。自称・エプロン姿が似合う男ことヒビキさんが
近々ご飯つくりにきてくれるとの事。


その翌日。
ヒビキさんからの押しかけ女房オファーに胸の高鳴りを押さえきれず
無闇に水道水をがぶ飲みする明日夢君、目の前に偶然飛び込んできたのは
視聴者に後ろから撃たれそうな男こと桐谷君にラブレターを手渡すモッチーの図。
衝撃を受ける明日夢君。何故だ。本当は両刀だったのかお前。


一夜明けたトドも煩悶の極みたる心中を香須実の姐御に打ち明ける。
恋愛に必要なのは忍耐よと諭す姐御に、トドは日菜佳さんと自分との
釣り合いの取れてなさを口にしナニイテンダクサマと姐御を呆れ顔に。
更に恩を仇で返すが如くランチのハンバーグを姐御の頭にクリーンヒット。
何かもう駄目である


もうかつての鍛えたトドは星になったと解釈するとして
一方キャンプにて物思いにふけるあきら。いつ鬼になれるのかと
悩みを口にする彼女に、自分のペースをと励ますイブキさん。

と、突如強襲をかけてきたスーパー童子&姫。
前回の萌え姫の性格がまるで冷徹に豹変している件を
公式は「覚醒」の一言で勝手に片付けないでいただきたいのであるが、
ともあれイブキさん今週も大ピンチである。

回し蹴りで童子の頭を180度回転させた隙を突いて
姫に弾き飛ばされた烈風を渡しに行こうとしたあきら、
その瞬間に見事にずっこけて右足を大怪我
鬼になるどころかドリフ色に染まりつつあるのは気のせいですか。


ヘルプの響鬼と轟鬼はセミの幼虫型魔化魍を捕捉、戦闘中。
「ウワン」という名称らしいが正直鋼入りダンのスタンドにしか見えない
しかし肝心のトドはまともに口利いてくれない日菜佳さんの件か動揺、
まんまと蝉スタンドを取り逃がしてしまう。マギィィィィィィィ


さて、
そんなトドの思いをさっぱり理解できないヒビキさん。
プライベートを鬼に持ち込むなんてと憤る彼に対し
「ヒビキ君って恋をしたことないんじゃなーい?」と扇情的に煽るみどりさん
それに対し変にムキになる等ヒビキさんも幾分完全新生の感があるが
約束どおり明日夢君宅で料理を披露する辺りの義理堅さは健在であり安心。

やたらしょっぱいよく分からない料理を食べさせられながら
最近モッチーとはどうよと唐突に振られ口ごもる明日夢君。
そこへ来るたちばなからの入電、蝉スタンドとの戦闘再びである。


相変わらず苦戦するトドの元に駆けつけ装甲化で蝉スタンドを圧倒する響鬼。
そこへよしゃあいいのに「とどめは俺が!」とトド、
音撃斬を決めようとした刹那バビョーンと切れ飛ぶ弦
「なっ!!」


…すいません、やっぱりスタッフさんチェンジの方向でいけますかね?
一応待て次回。
[PR]
by tempari_blg | 2005-10-05 00:08 | ライダー


<< 初仕事いっこ片付く 続・お出かけ時と同様にネットに... >>