今度は"仮面ライダー the Origin"だそうで

っていうか、
せっかくの週末だしマターリとブログ関連のネタについて
考察とかしてみようとか思っていたのだが、
なによ、これ↓。


"仮面ライダー THE FIRST"

<以下、MSM-Mainichi INTERACTIVEより抜粋>

往年のヒーロー、仮面ライダー1号・2号が映画で復活することになった。「仮面ライダー THE FIRST」(監督長石多可男)と題したもので、本郷猛と一文字隼人が、悪の秘密結社ショッカーと戦う原点回帰のストーリー。改造人間となった2人の苦悩なども描かれる。新ヒーローには黄川田将也(25)と高野八誠(27)が抜てきされた。

 71年の放送開始当初から、チビっ子の心をとりこにした仮面ライダー。その精神は、現在放送中の「響鬼(ひびき)」まで綿々と受け継がれているが、原点の1号・2号の復活で新たな潮流をつくる。

 「仮面ライダー THE FIRST」は、故石ノ森章太郎さんの原作コミックを換骨奪胎してストーリーを構築。白倉伸一郎プロデューサーは「ただのリメークではなく、正面から見据えた新しい現代のヒーローとして、命を吹き込みたかった。ブームの中でやることに意味がある」と説明する。

 本郷猛は科学者という設定で、ショッカーに拉致されバッタの改造人間(1号)にされてしまう。自我を取り戻し戦うことを決意し、新たな刺客として送り込まれた一文字隼人(2号)と共闘していく勧善懲悪のヒーローもの。加えて2人の悲哀、かっとうなど“人間ドラマ”にも深く切り込んでいる。ライダーのデザインは、色合いなど若干のアレンジは加えたものの“旧1・2号”を踏襲した。

 既に撮影は終了し、藤岡弘(59)が演じた本郷役の黄川田は「1号のイメージを損なわないように演じた。05年版本郷猛を楽しみにしてください。見た方に正義、愛、勇気、そしてあこがれを持ってほしい」と自信。佐々木剛(58)が扮した一文字に選ばれた高野も「脚本が昔の作品とは別の良さを感じさせてくれた。新しいライダーの歴史の始まりという気持ち」と手応えをつかんでいる。11月公開。


<引用終わり>

何というか、白倉と井上という組み合わせの時点でアレな予感もする上に
「ウルトラマン」に続きここまで安っぽくブームに乗っかるってのも
正直なところ引っ掛かるのではあるが。

まぁ、それでも見に行っちゃうんだろうけどさ。
[PR]
by tempari_blg | 2005-06-10 21:39 | ライダー


<< 「顧客志向」の本質って 意外と気付かれてないっぽい素敵... >>