仮面ライダー響鬼 十一ノ巻「呑み込む壁」

いつぞやにチョロッと書いた「仮面ライダー総集編ウェファーチョコ」だが、
結局おまけのカード欲しさに社会人になって初の大人買いを敢行。
一箱二十個入りを三つ買って合計6000円という我ながらイカシた買い物は
結局うち半分はダブるという実に悲惨な結果と相成った。

仕方ないのでネット通販で足りない分を補完しつつ
大量のダブりをどう捌いたもんかと思案中なのだが、
とりあえず初任給も無く自宅に回線すら通ってない男が
こんなことやってていいんだろうかという不安が隠せない。
自宅で落ち着いてネットでいるようになり次第、
オンラインでダブりを捌くべく手を打とうかなと思う次第である。

そんなヨタ話は置いといて今週の響鬼。




もっちーによる「だから今度また一緒に行こうよ」発言により
映画をすっぽかすわ馬鹿に青痣作られるわで散々だった前回を
一発でチャラにした明日夢君。
志望校、友達、尊敬に足る大人、可愛い幼馴染
15歳の学生として持てるもの全てを持ってそうなザ・勝ち組の明日夢君、
いよいよ高校デビューである。

盛大に舞う桜吹雪の中を城南に向かって意気揚々と駆けるが
残念ながら桜が明らかにCGである
まぁ撮影時は開花などまだまだなのであろうが、
そういえば何やら今年の桜は開花が遅いような。
ここ広島でもまともに咲いたの昨日の今日。
きっと撮影は芽しか見当たらない枯れ枝の中を
駆け抜けたことであろう。ショボーンである。

そんな彼を待ついつもの友人達、結局待ちくたびれて先に校舎へ。
明日夢君走ってたのは単に間に合わなそうだったからであるか
学習しない少年である。


その頃、
前回データによる予測を撹乱されるという痛手を蒙ったたちばな勢は
出入り口が抜け穴みたくクソ狭い部屋から大量の資料を引っ張り出す。
鬼二人がタッグを組むこと自体相当な事だったらしく
改めて気を引き締めるヒビキさん。

一方、
どこかの山中では水道管みたいな温度計を携えた謎の男が目を光らす。
アギトの黒い人っぽい雰囲気、これはアレか?ラスボスになるのか?

更に、
別の場所ではイブキさんが新型ディスクアニマルの動作確認。
前から発売情報のみ選考してたキアカシシアサギワシのようである。
個人的には新型とかいいからとっととカニとか入荷すれおもちゃ屋とか思ったり。

なお、イブキさんを標的にセットしてたようであるが
イブキさん普通に翻弄されており、DA作成のミドリさんの手堅い仕事というよりは
童子並みに頼りねえな威吹鬼という印象のが強く醸造される結果となった。


さて、
入学式も無事終わり、明日夢君は帰路に。
カツオ達は先にデートに出たらしくもっちーと二人の下校、
何か冷たくない?とか語ちるもっちーだが次の瞬間
でも安達君とは一緒だから、いっかな…」などと発言。
そろそろこの辺じゃね?見せ付けてくれんじゃんよとか言いながら
モヒカンに×印のマスク付けた番長グループ登場すんの
そして挿入されるつがいの鴨とか鳩とかのカットイン。
先週に引き続き朝から致命傷である。何か僕に恨みでもあるというのか

そんな苺展開なシチュエーションに
もっちーの方から「たちばな行かない?」のお誘い。
しかし、まだ前回の件で精神的に負い目があるのか
持田一人で行ってきなよとどの口が抜かしやがりますかオマエ
そそくさと帰る明日夢君には残念そうな彼女の顔は映らん様子。


たちばなではヒビキさん、ちゃぶ台で鼻歌歌いながら
何やらバイクを物色中。前回イブキさんのバイクをデストロイした一件
後を引いているようである。これは今後ライダーっぽくなっていくのではなかろうか。
そこに、何やら猛士メンバーと思しき松山さんから謎の村人消失の件について一報が。
注意区域に全く入っていないことから不穏な雰囲気を感じ取るも
そこは歴戦の仕事人一行、気を引き締めて出立する。


さて、
もっちーを置き去りにしてひとり岐路に着く馬鹿たれであるが
こないだ悲惨な目にあった書店にてまたも曲がりしなに人と衝突。
また万引き犯か?と思いきや、どうやらそうでもないどころか
謝ってきたお相手がまた結構な美女。
ぶちゃかった荷物がほぼお菓子オンリーなのが謎であるが
ともあれせっせと拾い集める明日夢君であった。

そして今週の童子&姫。
野良仕事のおじさんを二人して両側から挟んで圧死させるという
どうにもインパクトに欠ける殺害方法を披露。
その模様を見つめる例の水道管野郎。謎である。


お姉さんの前ではいいとこ見せた明日夢君、
お礼にお茶でもどう?などと積極的なアプローチをかけられる。
年上の女って大胆である
行き先がお茶飲めるところだから、と言われ付いてくれば
案の定その先はたちばな。出迎える日菜佳嬢もビツクリである。
日菜佳さん曰くこの人しょっちゅう他人と激突する性質らしいが
柴又界隈でうろついてれば、運がよければこのお姉さんと
ラブコメみたいな出会いのチャンスがあるんだと解釈してよろしいだろうか。

ヒビキさんは緊急出動。
新型DAは彼にも支給されたようで、
前のより若干重いかなと感想を漏らす。
第一話より萌えキャラと認定されていたアカネタカ以下、
旧バージョンのDAにもう出番はないのであろうか。気になるところである。


その頃、
先刻圧死させたおじさんを引き摺る童子&姫、
幹をパカッと観音開きさせた樹木に餌を投げ込むと
ガリガリと嫌な音を立てて補食。
そこに現れる水道管野郎、童子&姫の前に立つと
二人は即座に跪き敬礼。「ありがたく頂戴します」と
水道管男の差し出した実のような物質を大口開けて呑み込む。
強化アイテムか。ますますアギトの黒い人っぽい感じである。


結局たちばなに来店しちゃった明日夢君、
ヒビキさんの中学の同級生だったというミドリさんの話に興味津々。
明日夢君どうやら年上好みなのは間違いないだろう。更に言うと男女問わず
そこに現れるもっちー、何故か綺麗なお姉さんとツーショットの明日夢君に
不審感丸出しである。もう状況としては最悪にも関わらず
日菜佳さんのナイスフォローのみでフツーにその場をスルー。
もっちー物分り良すぎである。
明日夢君の浮気に耐え忍び続ける昼ドラな将来像が脳裏に浮かんで仕方ない。


ヒビキさん一向は松山さん宅に到着、状況をヒアリングしているのだが、
普通の民家に住む普通の家族の普通っぽいお父さんが
「人が消えてる感じから想像すると、三日ぐらい前からかもしれないな」
とか言ってる図が何故かものすごく燃え。
戦争や警察行為しかり、前線に立つ戦闘員の裏では
その何倍もの人や物資が動いてる訳だが、
それを補給や情報収集など各面で表現してくるのが非常に心地よい。
自分なりの正義をこなすという点で、松山さん一家もある意味でヒーローな訳だ。
戦えない「一般人」ではあるが。

そして、香須実さんが事情を聞く後ろでひたすら子どもとじゃれるヒビキさん。
こんなにも余裕で、それでいて「やれるだけのことはやらしてもらいます」と
言ってのけるのだから。正にプロなのである。

松山さんも「ヒビキさんが来てくれて心強いですよ」と信頼を見せるが、
この「心強い」ってのもいい。後は全て丸投げというんではなく
自らもやるべきことを、という主体的な姿勢でなきゃ言えん言葉である。
そして「頑張ってね、お兄ちゃん」と声をかける子どもに対し
「おじさんでいいんだよ」と自ら踏んできた年季を肯定しつつ
「じゃ君のためにも頑張ろうかな、アハハ」と自然体で接する。
子どものためのヒーローを見せる、って点では平成でも屈指の
明瞭かつ上手いシーンだなぁと感じる。


たちばなでは、ひたすら続く資料整理に大わらわ。
途中で自分の仕事に入るミドリさん、壁に仕込まれた隠し扉に消えていく。
そういや大学の後輩でマイホームを忍者屋敷に改造するのが夢という娘がいたが
きっとこんな感じを想定しておるのであろう。


山に入ったヒビキさん、
オクレ兄さんの薬奇妙な物質により謎の変貌を遂げた童子&姫と遭遇。
自ら姿を現し木片で牽制、ヒビキさんの変身もスルーするなど
気持ち悪いくらいの余裕を見せ付ける。
そして怪人体に変化した二体、これまでにない生体装甲を纏って響鬼に対峙する。
ヨガフレイムは無効、肉弾戦でも力負け、音撃棒による炎も弾く強さの前に
響鬼はなお「コレもダメか…」と冷静。
だが、二対一の状況に押され、遂に剣により崖から吹っ飛ばされ転げる響鬼。
大ピンチである。

一方、
トイレでも探してるのか、たちばな内をうろつく明日夢君は
不審な壁を発見。中を伺おうとした瞬間隠し扉が開き
サンダーバードっぽく下へ下へと落ちていく。
期せずして同時に落下する鬼とヘタレの二人
果たしてその行き先やいかに。
[PR]
by tempari_blg | 2005-04-10 15:45 | ライダー


<< IT教育に巨人が乗り出すの図 初期研修が毎日てんこ盛りな件 >>