仮面ライダー響鬼 五ノ巻「溶ける海」

昨日から祖父の四十九日で行ってた岐阜から今さっき帰ってきた。

夜を徹して呑んだ土曜早朝に八王子を出発、
法要を済ませ午後は新人勤務で某会社の岐阜支社にて勤務する
先輩O氏のところに行き、3月のライブのための合わせセッションを行いつつ
夜は岐阜駅周辺で3次会ぐらいまで呑む。

木・金・土とほとんど寝てない状態で
地酒屋で焼酎だのジャズバーでウィスキーだの煽ったため
ほとんど脳はふらふら。先輩宅でいつの間にともなく意識を失うように眠りに就いた。
このまま10時間ぐらい起きないかと思いきやマジレンジャーの始まる7時半に自動的に起床
染み付いた習慣とはげに恐ろしいものである。

さて、今週のヒビキである。





先週でおやっさんも登場、明日夢君もヒビキさんに再会し
いよいよ導入部を終え本格的な物語に突入しそうな展開である。


甘味処「たちばな」から岐路に着く明日夢君と、それを送るヒビキさん。
♪で~あ~い~は~い~つ~も~
♪ふ~し~ぎ~な~も~ん~さ~
と、いつもの替え歌歌いながら横を歩くおっさん。僕だったらちょっと嫌である。
ヒ「さっきのアノコ、彼女?」
明「な…そんなんじゃありませんよ」
なんて浮ついた話から、やはりここでも話の矛先は受験へ。
大変な時期にとんでもないもの見せちゃって、と言うヒビキさんに
明日夢君はまた会えてよかったです、とはにかむ。
城南受かるように祈ってるから、というヒビキさんに
鍛えてきます、と力強く切り返す明日夢君であった。ヒビキさん城南知らんけど。

心機一転、自宅で勉強に励む明日夢君は
受かるまではたちばなへは行かず、ひとりで受験を乗り切ると決意を表明。
「じゃお母さんが代わりに息抜きに行ってあげるから」と明日夢母は冗談めかす。
以前の「別れた旦那に似てて」云々の話から照らしても
お母さん相当ヒビキさんがお気に入りの様子である。
イケメンに傾倒する世のお母さんへの番組からの当て付けとも取れますか?
取れませんかそうですか。
あと明日夢君、自分の力で頑張ってとか言うんだったら
カレンダーの14日に「バレンタイン目標3個」とか書くの止めていただきたい


一方の猛士サイドも、ここ最近の魔化魍多発にてんやわんや、
戦闘担当である「鬼」達のシフト表が予定でいっぱいである
マックのアルバイトに使うやつ並みに安っぽい作りのシフト表を見る限り
「鬼」は関東支部だけでも11人。
まともにフル登場させると全国規模では龍騎を遥かに凌ぐ大所帯である。
これまでは3週間だったインターバルが1週間になってしまったようだが、
それでも1週間の休暇というのを羨ましいと思うべきかどうか。
っていうかむしろ休暇一気に66%カットである
ライダーが一斉蜂起してストとか起こしたりせぬものか。

そんな猛士の苦労の裏で、早速今週の魔化魍登場。
海辺の釣り人が妖姫のとろけるような抱擁によって
文字通りデロデロに溶けていくという、相変わらず冴えてる演出である。


その頃、仕事であるタクシー運転の休憩にとコンビニに立ち寄った明日夢母、
偶然バイクに跨った青年と遭遇。「シフトがきつい」とか「ディスクのメンテ」がどうとか話す
イケメンにお母さんまた夢中でガン見を始める。
池「何か?」
母「あ…いえいえ、すごいカッコいいから」
池「どーも!(指でドキュン)」
指でドキュンの仕草については、かつて「マサルさん」で
トレパンのジャージを被っためそを見てヒゲ部員がイメージしたトレパン像の仕草
連想していただければ大変分かりやすい
しかしイケメンのそれはカッコよく、
お母さんは手元の肉まんを力の限り握り潰す程に大興奮。
そう言えばうちのおかんがSMAPの中居君をテレビで見るとき丁度あんな感じである。
このニュースと言い最近のおばさんは怖い


担任との面談に臨む明日夢君、自信満々だったはずが
数学と理科でもっと点をとか周りはもっと頑張ってるとか
受験校が城南一本なんだからもっとしっかりとか、
比較的ボロクソに言われた模様。担任言い過ぎだろ。
チャラい口調のクラスメイトにも
「俺とかと一緒に城北にしとけばよかったのに、余計な高望みすっからだよ」とか
散々言われる羽目に。気持ちの浮き沈みの激しい明日夢君である。


そんな少年をおやっさんとふたりで炬燵でぬくぬくしながら案じるヒビキさん。
そんな彼らに日菜佳さんが飛び込んでくる。
日「ザンキさんが魔化魍にやられたそうです!」
二人目か!しかもいきなり死亡!?

報告によれば、童子を倒したものの巨大化けガニにやられ、姫を取り逃がしたとのこと。
「悪者のクセして可愛いんだよなぁ、あいつ」とヒビキさん問題発言。
そんな事思いつつこれまで容赦無く惨殺してきた訳であるが
それを受けて怪人にまでやきもちを見せる香須実さん萌え素敵である。
ともかく、ザンキさんがやられたため、シフト的に空きがある
カニ相手は未経験なヒビキさんが出張ることとなったのである。
おやっさん「んじゃよろしくたのんます、と。他には?」ノリ軽すぎである
マックの休日シフトにでも入ってもらうかのようである。

ちなみにザンキさんについては
早くもネットの方で
「斬鬼さんがやられたと聞いて飛んで来ました!! 」
G3→シザース→三原デルタ→ギャレン→斬鬼
「そのうち 「斬鬼さんがまたもやられたそうです」 になったりして」
「ザンキさんはモヒカンのロシアン
ザンキさんはもう身体がボトボトなんですよ
といった具合に早くもヘタレキャラ認定がされた様子。
重症らしいが、自然修復できる鬼が重症ってどんだけやられたのよって話である。
「現実ってのは厳しいやね」と語ちるヒビキさんを替え歌で励ます香須実さん。

さて、
ヒビキさんもメロメロな妖姫は巨大ガニにせっせと餌を運び続ける。
知らん人にビジュアルをお見せするとこんな感じ。
b0023732_19403374.jpg


いや、実際可愛いのである。今後の中の人の展開にも要注目。


ヒ「太鼓の俺とは噛み合わせが悪い奴だけど…ま、やってみよう」
そう気焔を上げるヒビキさんに、
「おじさんのこういう勇敢なところを、若い人にもっと見せときたいんだけどな」
と香須実さん。31歳はもう若い人の手本となるおじさんじゃないといかんそうである。

香「イブキ君なんて、ヒビキさんより年上なのに」
ヒ「だってあいつはそういうの得意な正統派でしょ?俺はアウトローだし、ロンリーウルフ。
そっちの方」
なんてすっとぼけるヒビキさん。OP見る限り、どうやらそのイブキさんってのが
明日夢母に指鉄砲食らわしたイケメンのようである。
変身はいつなのだ。実に待ち遠しい。


さて、
海辺にて新ディスクアニマル・キハダガニを海に放つヒビキさんの前に
逆に堂々と姿を現す姫。
どうせ弱いんだし隠れてるべきなのだが、案の定響鬼にDA三枚をけしかけられ
たかだか数10㎝のおもちゃに大苦戦
その隙に駆け寄った響鬼にまんまと火を噴かれ瞬殺
何だかなあ。

と思っていると、海から巨大ガニが出現、
かに道楽の看板みたいな魔化魍に「でっけえなぁ…」と響鬼も感心。
食いでがありそうである

早速太鼓撥を叩き込むべく背中に回りこむ響鬼だが、
その瞬間カニの背中から溶解液を噴射、まんまと響鬼も右腕を負傷する。
形勢不利と海に逃げ込む響鬼。遂に響鬼が苦戦!どうなることやら来週。

しかし来週はサークル旅行で当日アップが不可能、
おそらく見れるのは3日後である。その分、帰宅後には
いい年して変身セットフル装備した大学生による響鬼ごっこ@屋久島の模様を
あわせてアップする予定である。
[PR]
by tempari_blg | 2005-02-27 20:00 | ライダー


<< 「デビルマン」の那須監督、急逝 なんてこったい >>