仮面ライダー響鬼 第二話「吼える蜘蛛」

一昨日、ドライブ中に立ち寄ったドンキ
早速「響鬼」の各種おもちゃが売られてるのを発見。

とりあえず変身用アイテム「変身音叉 音角」は、
屋久島でのライダー遊びに当たって買わなくてはなるまい。
一体何歳だと思っているんだ自分。
音叉だけあって振動を加えるとチョーキング音が鳴るようだが、
細川氏出演のCMを見る限りどうやらF#。
3音下げチューニングの際には大変便利であるっていうか
そんなチューニング押尾コータローでも見たこと無い訳だが

また、今回のライダーにはディスクアニマルというカプセル怪獣のようなお供が存在する。
ここにある通り3種類ほど登場するのだが、
鬼のお供に犬・サル・鳥ってのは乙な話である。
一番売れそうなのは第一話から活躍していたアカネタカ
敵の糸に縛られるなどの姿を見せた前回の時点で、
「束縛アカネタカタソ萌え」「美少女に脳内変換しますた」
正直どうかと思う感想が多数挙げられた訳であるが、
CD→動物の変形ギミックはチビッ子からすれば多分かなりツボ。
ぶっちゃけた話が僕も欲しい。1680円という廉価を考えると買ってもいいかも知れぬ。

さて、
そんなこんなで早くも第二話である。




戦隊シリーズ最高傑作と名高い「デカレンジャー」の最終回、
例のOP主題歌に合いの手の「♪マックスハ~」みたいのが加わった以外
特に1週間前とまで変わってなかった新番組「ふたりはプリキュアMaxHeart」、と
本日の朝はネタが豊富だったが、響鬼も前回の比較的好評だった滑り出しを受けて
見所も多かった。


鬼vs蜘蛛怪人。
居合わせた明日夢君の眼前にあるのは
寄生獣ばりのモンスター同士の殺し合いであった。だってライダー側が不意打(ry
前回の口からヨガフレイムをまともに食らった怪人は逆上し
彼を襲おうとするが、響鬼が身を挺してガード。
再度の火噴き攻撃により粉砕される。


どうにかその場を逃れた明日夢君。
いつの間にか戻っていたヒビキさん、気絶中のお姉さん(美人)と共に
車で岐路に着くこととなったのだが、ヒビキさん運転のトヨタ車はさっぱり前に進まず。

ヒ「あー…この車調子悪いな」
明「っていうかエンストですよ」
ヒ「…詳しいな少年」
明「ペーパーですか?」
ヒ「……。あんまこっち見ないでくれる?」

アクセル踏み出すと同時にワイパーが動き出すその様は
もうペーパーとかそういう問題ではないような気がするが、
ことMTは慣れないと本当にガッタンガッタンさせてしまうらしい。
ちなみに僕はかつてATでエンストを経験したことがあるが多分そっちの方があり得ません

日もとっぷり落ちた頃、どうにか3人は明日夢君の実家に戻る。
明日夢君の家族を交え、ヒビキさんを囲んでの宴会に。ベッドのお姉さんは放置。
来週以降は話が東京に戻るので、多分お姉さんの出番はここまでである
結構可愛いのに残念である。


夜。
昼間見た悪逆非道な鬼壮絶な闘いを見て寝付かれない明日夢君は、
朝焼けの海岸で屋久杉を削って武器の撥をこしらえるヒビキさんを訪ねる。
武器がお手製という辺りがマーベラスであるが、それより
屋久島の朝焼け綺麗過ぎである。ああ、早く行きたい。

明「ヒビキさんは、どう思ってます?昨日、帰りの車の中で話したこと」
両親に信じてもらえない明日夢君に、ヒビキさんは
「自分を信じること、それが自分らしくあるための第1歩なんじゃないか?」と語る。
かーっこいい台詞である。このクサさもヒーローモノだと実に自然に聞ける。


翌日、
島の南側を捜索する、と言い残し別れたヒビキさんを明日夢君は当然追う。
オイオイ追わせたら巻き込んじゃうだろという気がするが
案の定明日夢君は先に怪人とコンタクト。
中島美嘉似の美女怪人に襲われるところを
済んでのところで助けるディスクアニマル萌え。
到着するヒビキさん、明日夢君を引っ張って逃げるも
明日夢君が抱きついてくるせいで川底へ落下しかける
いい感じの足の引っ張り方である。助けられ役はこうでなくっちゃである。

先週に引き続き2度目の落下を経験、軽く臨死体験しかけたヒビキさん。
いよいよ変身シーンである。

今回のライダー、「変身!」とは言わないと聞いていたが
どうやら事実だったようだ。音叉を額に当てると全身が炎に包まれ、
衣服が燃え落ちると共に変身完了。なかなかどうして外連味のある演出である。
今回の敵は土蜘蛛。「山小屋にカモフラージュする形で屋久島を移動し、成長を遂げた」と
公式にある通り、山小屋に足が生えたような姿で響鬼を追う。
ザ・「ハウルの動く山小屋」といった趣である。

逃げる明日夢君と響鬼を追う土蜘蛛。
崖に到達し退路を失した響鬼は、土蜘蛛と共に
逃げ続けていた明日夢君がいた真下へと落下する。
今週3度目のピンチとなる明日夢君、正に仏滅といった様相であるが
また済んでのところで響鬼が土蜘蛛に組み付く。
土蜘蛛の背中に取り付く響鬼。おもむろに撥を取り出し…


土蜘蛛の背中をドンドコドンドコ乱打!!

土蜘蛛粉砕。ドカーン


…おい。


煙の中から見えたのは、顔だけ人間態に戻った状態の響鬼。
明日夢君に「鍛えてるんです」と一言、そしてクシャミ。
何か色々と言いたい事があるんだがドンドコ太鼓叩きアタックのせいで
全て消し飛びました。もうこうまで完全新生ならこっちも腹を括って
最後まで鑑賞させていただきます。
[PR]
by tempari_blg | 2005-02-06 13:32 | ライダー


<< 超絶!笛吹きロボット 旅ぃ~ゆけばぁ~ >>