Paul McCartney/Wingspan

b0023732_22512292.jpgWingspan
Paul McCartney
2001.5.8発売
ジャンル:ロック・ポップス(オールラウンド)



下のエントリで書いたライブ、コンセプトというか縛りがひとつあって、
それが「ビートルズの曲」って限定。
つまり、各人でビートルズ曲を好きなように料理するって寸法。

もしかしてソロもオッケーなのかと
久しぶりにポールのベストをラックから引っ張り出して聴いてみたんだが。
改めて思う。凄いわこのおじさん。

アビーロートを全世界に叩きつけて解散した時点でポールは若干28歳。
それまでが存在として巨大になり過ぎた+ジョンが目立ちまくったため
以降の曲は取り上げられる機会が少ないけど、実に凄い。

ジョンと決定的に違うのが、生み出す曲の幅の広さと分かりやすいポップ。
ジョンが評価を高めた時期に多かったらしい時期に
「ポールの曲はくだらないラブソングばかりだ」という評が出回ったが、それに対して
「くだらないラブソングのどこがいけない?」ってことで生まれたのが
超名曲"Silly Love Song"。こういう話ひとつ取っても
ポールの「ポップな」音楽への明瞭なスタンスが見えるんだけど、
僕はこんな考え方ってたまらなく好きで。

無闇に説教くさい「ケンイ的なもの」に対抗する、ひたすらに気持ちいいポップカルチャー。
快楽に弱いと言われればそれまでだけど、それをまっすぐ肯定して直球のポップを
放ってくるこのベスト版。一枚ラックにはさんでおくだけで
何か恋とかしたくなるような浮いた気分になるかも分からない。
[PR]
by tempari_blg | 2005-02-01 23:22 | 音楽レビュー


<< 個人作成系作品を幾つか 学生ラスト2ヶ月をどう過ごすか? >>