仮面ライダーフォーゼ感想 第6話「電・撃・一・途」

【ひとことあらすじ】
弦太郎は激怒した。 JKのあまりのアチャラカぶりに激怒した。 目を剥き唾を飛ばして
激怒した。自分を処刑するという怪人の言葉を無視して激怒した。
もう何か無駄に宇宙に飛んじゃうぐらい激怒した。
(メロスコピペを改変)







【感想】
部への加入で改心するかと思いきや、最後までロクに反省してないJKの態度が
個人的には好印象でした。多少の感謝の念はあれど基本的には「助かってラッキー」
ぐらいにしか思ってない感じが、テンプレ的展開から抜け出ていて面白かったです。
この先も「実はこういう悲しい過去が」みたいなのが無いといいなあ。何かJKには
ナチュラルにダメな奴でいてほしいです。ツイッターで誰かが言ってた「ねずみ男
的なキャラ」というか、ひたすら足を引っ張り続ける味方キャラって美味しいと思う。


JKが最後までロクでもなかったせいか、ユニコーンの新田くんは一見すると単なる被害者
っぽく見えたんだけど、冷静に考えると自主的に助けた親友が陰口を叩いてるのを目撃
したからと言って「誰も迎えにこないなどの絶望的な言葉を投げ続けた上に超常的な力で
殺る」
まで飛躍するのは、十分にサイコパス的な資質の持ち主だと思いました。

かといって弦太郎の熱い友情に感動できたかって言うと、何かごくせん見てるみたいで
それはそれで乗れなかったです。学園モノの友情テーマってやっぱり既視感が出ちゃうなぁ。
オーズの粘着友情話みたいなひねりを期待しちゃうのは、単に俺がひねくれた大人だから
なんだろうけど。


わずか6話にして登場の新フォーム・エレキステイツですが、正直無印フォームでの
3次元的な戦いの方が格好良いのが困っちゃう。あと、電気ロッドで折檻する金スーツ
見て「ちょっと趣味かも」って言っちゃう風城先輩はとんだメス豚だぜ!





■今週の賢吾くん語録
「エレキは…ステイツチェンジのパワーを持つスイッチだったのか!」
意味がありそうで無い言葉の見本のような好例。

「出てけぇぇぇ!」
JKにキレる賢吾くんがとてもいいインサイド弁慶でした。
カーチャンに部屋を掃除された際の中1ぐらいの頃の俺に似てました。
[PR]
by tempari_blg | 2011-10-12 21:51 | ライダー


<< 仮面ライダーフォーゼ感想 第... 仮面ライダーフォーゼ感想 第5... >>