仮面ライダーオーズ感想 第43話「ハゲタカと対立とアンクリターンズ」

【ひとことあらすじ】
ショタの爆死により復活したアンクさんは、早速命の恩人達の顔面に全力で泥を塗る
通常運転に戻りました。そんなアンクさんに助けられたウヴァさんは復活早々に
裸ヘルメット姿で無意味にいきがり、彼もまた平常運転なのでした。






【感想】
この終盤に至っても依然としてアンクを単なる「人間の暖かさに目覚めた人外」っていう
よくある感じに落とし込まないのはとても良いです。
だってなー、アンクにしてみれば悲願の完全体が未来永劫叶わぬ夢になったんだから、
そりゃ助けてもらったとかそういう理屈なんてどうでもいいわな。
事故で腕を失ったギタリストみたいなもんで、自分以外の誰に対してだって寛容になんて
なれませんよ。
その意味で、比奈ちゃんの落胆は、犬猫に感情移入して仲良くなれたと思ってた矢先に
思いっきり引っ掻かれたような一方的なもんなんだけどね。


しかし、その比奈ちゃんもすごくきちんとヒロインしてるなぁ。
映司と比奈ちゃんは、近年になく王道なヒーロー&ヒロインの関係になってると思う。
裏事情により幼女化したり三角関係の末に殺されたりしてないしな!


■ウヴァさんご復活おめでとうございます
嫁が「響鬼」だの「裸ヘルメット」だののたまったメダル1枚バージョンのウヴァさんだけど、
いや実際あんな貧弱な身体で彼は何しにアンクと一緒にアジトへ足を運んだんだろうな。
また瞬殺されに行ったようにしか見えなかったよ。

あと、ヤミーを出したのはアンクだったとは言え、彼が憑依してたのが「リア充爆発しろ」
が最大の欲望っていう悲しすぎる中年
だったという点にもすごく運命を感じるね俺は!
復活早々「俺の実力だ!」と虚勢を張るところも流石でした。
[PR]
by tempari_blg | 2011-08-02 21:19 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第44... 仮面ライダーオーズ感想 第42... >>