仮面ライダーオーズ感想 第41話「兄妹と救出と去る映司」

【ひとことあらすじ】
ミギーを取り込んだ後藤の如き働きを見せるショタアンクにオーズの最強コンボも
形無しですが、やっとこ解放された名倉似のお兄ちゃんがろくにメダルも投げれない
戦力外
のため、映司は後藤さんとのダブルライダーでアンク救出作戦に臨むのです。







【感想】
まずは「アンクの中の人やるなー」と素直に思った。髪型と基本の表情と話し方が
違うだけで、全く同一人物に見えないもんなんだなー。あの悪辣ワイルドなアンクが
すっかり「いいとも」のそっくりさんコーナーで「ツッコミのキレがない名倉」とか
フリップに書かれて紹介されそうな一般人
に見えてしまうんだから、三浦涼介さんは
すっごく頑張ってると思います。褒めてるんだ!これは最大級の賛辞なんだよ!

あと、モテたいとお嘆きの我々もきっと髪型と表情と話し方の改善だけでまるっきり
見違えるようになると思うんだけど、それができねえから非モテなんだよダボが!死ね!


「俺も戦わせてくれ!」については「いいからまず復職しろよ」という。後藤さんといい
オーズ世界の警官は警察業務では正義を遂行できないとでも思ってるのか
あの実に微笑ましい特訓でも「コストコで薪買ってきたぞ!あ、あそこのドラム缶って
勝手に使っても大丈夫かな?」
みたいな、すごくはしゃぐお兄ちゃんが目に浮かんだ。

でも考えてみたら、お兄ちゃん的には最愛の妹がヤミーによって服飾デザイナーへの一大
チャンスを潰されてくのを為す術もなく見守ってた経緯がある訳で、個人としての戦う動機は
あるっちゃあるんだよな。
本当あの一件は地味に後味が悪いんで、最終回までに何らかのフォローがほしいかなー。


それにしても、アンクの中にいたころのお兄ちゃんはどんな感じだったんだろう。
アンクの意識を拾ってただけなのか五感まで共有できてたのか分からんけど、アンクが
部屋を漁ってiphone見つける辺りとか冷や冷やもんだっただろうな。
(あああ、俺の秘蔵洋ピンコレクションがどっさり入ってる引き出しが…開けるなよ絶対
マジ開けるなよ…ちょっと待て開けっ放しにしたら比奈が来たときにヤバイって…って
今度はHDDの極秘エロ動画フォルダがぁぁぁぁ!)
みたいな思考をすべて拾った上で
敢えて引き出しを開け閉めしたりフォルダを開いたまま放置したりするドSアンクさん萌え

っていうか、マジこういうのが怖すぎるから俺は絶対幽霊にはなりたくない。
なるなら完璧に身辺整理をし終えてからにしたい。



■「お前ばっかにいい格好させるかよ」「後藤さん…」
後藤さんの「アンクはどうでもいいけど映司は死なせたくなくて、アンクを映司が助ける
っていうなら俺もアンク救出戦を助ける」っていうツンデレ的なややこしいロジックと、
あとやっぱりまだ伊達さんっ子から抜け切れていない所が、すごく後藤さんだと思った。

しかし、オーズがメダル散らばらせてる間に苦境に陥るとか、後藤さんはサポートに
恵まれずにピンチに陥る係数が高くて、いかに後藤さんが伊達さんをクソ真面目にサポート
していたかが逆説的に伺えるね!
[PR]
by tempari_blg | 2011-07-23 19:08 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第42... 仮面ライダーオーズ感想 第40... >>