仮面ライダーオーズ感想 第40話「支配と誕生会と消えるアンク」

【ひとことあらすじ】
聖帝サウザー様もびっくりな支配欲丸出しのご婦人に下宿を追い出されている間に
川原で青春を謳歌する映司たちご一行ですが、怪人ひねって大団円と見せかけて
呪怨ばりに不気味登場した新アンクに旧アンクが体を全部持って行かれてしまいました。






【感想】
ゆるいエピソードでゆるく締めるかと見せかけてのちびアンク急襲!
しょうもない巨匠演出も全部計算だったと思える見事な展開でした。

「一緒に過ごした月日が絆に変わる」っていうメッセージは「電王」とも共通だけど、
タロスズと違ってアンクは正義感とか情に厚いとかが一切無いまま、クスクシエご一行にも
視聴者のみなさまにも好かれちゃってるのが凄いところだよな。
「悪」という訳でもないし今週遂にデレが出たっちゃ出たけど、欲望の化身たるグリードの
一人というキャラクターからほぼはみ出してないものな。
こないだの「レッツゴー仮面ライダー」でもこいつが厄災の元凶に等しかったぐらいの
暴れようだったくせに…!
やっぱりあれか、これも手のかかる子ほど可愛く見える理論か。
不良に手厚いヤンキー先生を伊集院さんが糾弾してたけど、残念ながら人間心理ってのは
悪いもの、反抗的なものに愛を感じる側面があるんだよなぁ。


■後藤さん=手持鹿部長の下に就いた両さん説
ここ2週において後藤さんが明らかに急激な成長を遂げているわけですが、この最大の要因は
ひとえに「上司の里中がこんなんでは俺がしっかりしなきゃ」という心理にあると思われます。
これは正に伊達組時代の後藤さんに欠けていた主体性の芽生えでありまして、やっぱりこれも
鴻上会長の狙い通りだったんじゃないかと邪推している次第なのです。

いや、実際問題後藤さんは「完全に一人の状態」や「とっても頼りになるサポートがいる状態」
とかでは、今ほど成長できてないと思うんだよ。自分にとっての防波堤が頼りにならないという
状態って、ものすごく「じゃあ自分がちゃんとせな」って気にさせるよね。


■知世子さん最強伝説
謎の格闘術よりもスパニッシュギターの技巧に噴いた。
何なんだよあのストロークはwwww

しかし知世子さんは、住所不定の無職に住み込み賄い付きの職を与えた上に、彼が連れてきた
ガラの悪い無職を住まわせてあげて、更にそんな無職のバースデイ祝いでオールしてくれるとか
本当いい人だと思った。
[PR]
by tempari_blg | 2011-07-13 21:37 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第41... 仮面ライダーオーズ感想 第39... >>