仮面ライダーオーズ感想 第37話「眠りと1億とバース転職」

【ひとことあらすじ】
ヒロイン「あなたの身体はもうボロボロなのよ!これ以上戦わないで!」
伊達さん「うるさい!俺には金が要るんだ!もうお前なんか知らんしこれからは
金払いのいい敵方に付く!」






【感想】
登場以来俺達の心を鷲掴みにし続けてきたリアルヒーロー伊達さんが敵方に!
しかし目指すものが一貫して「金を1億」だった以上、「俺たちを裏切ったのか!」
って訳でもないんだけど。
ただ、もし鴻上ファンドとの契約不履行が発生したんだとすれば、鴻上社長は
「この私を裏切る程の欲望、素晴らしい!」って伊達さんを容赦なく消しそうで
正直それが一番おっかないな。

しかし今回の「俺達がいなくなっても残る医療支援じゃねえと」といい、オーズは
国際関係論のエッセンスを子供にも分かりやすく伝える内容なのがとても好感。

途上国開発支援においては「サステナビリティ」って概念があって、途上国での
生活向上や経済発展を支援する場合、それがその場の環境に不可逆的な破壊を
もたらすことがないか?自国・自地域による自律的・持続的な発展が期待できるか?
みたいな事を大事にしないと本当に人のためにはならないんだよ、というもの。
いつぞやの「映司の寄付がテロ組織の資金源に」も実際に破綻国家や独裁国家への
支援資金提供が民衆への抑圧に使われた例(シリア、コンゴなど)が下敷きにされて
るんだろうし、こういうところから「じゃあほんとうの世界ってどうなってるの?」
という関心を視聴者の子供が抱いてくれたら素晴らしいなー。


■グリード軍団大結集

ドクター・カザリ組にメズール様とガメルが合流しバースまで加え全員集合、という
緊迫したラストシーンがウヴァさんがいなくても完全に様になっていた事実

まだグリード個々の力量ではプトティラに全く及ばないと思うんだけど、むしろ重要
なのは「オーズ勢が戦力的にほぼオーズ単騎になった」ってことで、コンボ後の
フォローが効かなくなったのが非常に危険。
ただ数だけで言えば初期のオーズvs4体のグリードの構図に近づいたとも言えるんで、
また最初の頃みたいに身内でグダグダやりはじめて内部崩壊するんじゃないかと
少し気になります。もしならなかったらやっぱりウヴァさんが癌だったということで
それはそれで素直に納得できるな!


■ちょっとしたトリビア:伊達さんの頭の中の銃弾


気になってちょっと調べてみたら、伊達さんの頭に入ってる45ACP弾ってアメリカ陸軍
御用達の弾丸なのな。
紛争の中で米軍に誤射されたのか、あるいは米軍から流れた弾丸を使ったゲリラ軍の
流れ弾に当たったか、どちらにせよその辺の過去は相当重い話になるな。
[PR]
by tempari_blg | 2011-06-12 00:00 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第38... 仮面ライダーオーズ感想 第36... >>