仮面ライダーオーズ感想 第36話「壊れた夢と身体とグリード復活」

【ひとことあらすじ】
ウヴァさん惨めに爆死。






【感想】
爆死wwwwwしかもオーズの知らないところでwwwwwwww
刑事さんの目覚めとか伊達さんの死亡フラグとか映司の世界征服願望が判明とか
諸々盛り沢山だったのに、全部ウヴァさんが持ってっちゃったよ!


今回の要約としては「どうにも敵わない同級生を数でボコろうと昔DV振るってた元カノ
(本当は友達程度)とその彼氏を呼び出して協力させようとしたら、同級生の方が明らか
に強いと察した元カノが当たり前の状況判断により同級生側に付いたためフルボッコに
されたでゴザル」というドリームチームでも弁護しようのない展開。

正直もう今回は序盤から死臭が立ち込めてたんだよな。「あ、ウヴァさん死ぬな」的な。
訳もなくシンバルをパンパンパンパン叩く様も大概だったけど、何より復活の儀の際の
「俺より強くなられたら厄介だからな」発言!このどうしようもなさ!自分がまるで
手も足も出ない相手をシメにかかるのに自分より弱いメンツだけ揃えるって、本当に
ウヴァさんは数の論理だけでどうにかなると思ったんだろうか。思ったんだろうな。
それでこそウヴァさんだものな!

ここで少し、今回のウヴァさんの末路を冷静に考えてみる。

まずグリードとは欲望の化身という設定で、その最終目標とは「世界を食らうこと」と
いうよく分からない代物なわけですが、一方のカザリはそこに向けて寄り道を選ばない。
他人のコアメダルを取り込んだり、人間であるドクター真木と組んだり、結構リスクを
取ってきている。
そこへ行くと、ウヴァさんはいかんせん頭が残念なので、極力リスクを取ろうとせずに
保身に走るんだよな。頭がいい≒好奇心が強い人のように、全く前例のない状況に対して
果敢に飛び込むということをしないわけです。
例のセルメダル集めの成功で自分で理解しコントロールできる範疇のことは卒なくこなす
ことが証明された訳ですが、超人と怪人同士の抗争なんていう異常な状況下ででそんな
真っ当にビジネスやっててもジリ貧でしかなかった
ということだね!
それでもカザリの下には就きたくないという妙なプライドが邪魔して、最後にはグリード
からの一斉攻撃で轟沈という敢ない散華となった訳ですな。

ホント彼はもういっそ人間として生きていけばいいのにと思います。
法治国家+資本主義経済なら、ある程度保身出来る方がいい生き方できるし…。


■ファイズのたっくんからも地球がポワーンと出てくるのかしら

馬ヤミー消滅で比奈ちゃんが元通りになったかどうか分かりにくかったけど、意識を取り
戻すという描写からどうやら元に戻ったみたいで、安心したと同時に少し拍子抜け。
死んだ目で洋服切り刻むところから何週もかけて自分を取り戻していく、っていう展開も
ありだと思ったんだけどなー。

夢=個々の持つ最も強い欲望が奪われたら緩やかに死んでいく、というのは、欲望が人の
原動力になるっていうオーズの主題がよく出てたと思った。
映司の「欲がない」も本当は「腹の底で地球征服巨大な夢だけど一旦挫折しただけ」だと
判明。最後の方で映司から出現したヤミーが「地球のためにならない人間を皆殺しに」とか
言い出しそうで楽しみです。


■雨に濡れる右手アンクにそっと傘を差し伸べる不良を見て委員長が一目惚れ

右腕アンクは何であんなすぐ捕まるんだろ。機動性考えたら人間モードのほうがよっぽど
リスキーな気がするんだけど、何かアンクは右腕モードの活用が出来ていない気がする。

しかしこれでお兄ちゃんの意識が戻り始めたとすれば、いよいよ「一人バディもの」っぽい
やり取りが見れるのかどうか、それが結構楽しみです。やっぱそういうの好きなんだよなー。
新一とミギーとかメラミーとワンダとか良太郎とタロスズとかハデス先生と冷血とか
マンとハヤタとか諸星隼人とガとか高槻とジャバウォックとか、多分もっとあるだろうけど
もう今日は眠いしここまでにしとく。
[PR]
by tempari_blg | 2011-06-05 00:00 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第37... 仮面ライダーオーズ感想 第35... >>