仮面ライダーオーズ感想 第34話「親友と利用とその関係」

【ひとことあらすじ】
ハリーポッターに使役されてそうなヤミーにさらわれた面白師弟を探して殺風景な
遊園地を東奔西走する映司ですが、その原因を作ったヒキ野郎の求愛を適当にあしらい
アンクとの絆を深め合うのでした。








【感想】

狂った友情を求める男が精神崩壊していく話かと思ったら、まさかそれをそっちのけで
映司とアンクの艶めかしい関係性を濃厚に描く回だったとは、度肝を抜かれましたよ。
放送中のツイッターがベーコンレタス系のネタで埋め尽くされてて圧巻だった。

やっぱり、もはや映司にとって戦う動機は「お兄ちゃんが人質に取られてるから」だけ
じゃ無くなってたんだな。心が折れて乾いてた映司だけど、人を守れる力であるオーズ
の力が徐々に欲望に育ってきてるのかなー。しかし、身の丈に合わない力を戒める一方で
一旦手に入れた力は手放したくないってのは、コンボの度に死にかけてる筈のあの力を
「(使えてるんだから)身の丈に合ってる」とでも思ってるのか。あー、何だかその辺の
自己矛盾で、最後の方にすごく嫌な展開が待ってそう。

それにしても、映司がオーズの力を求めてる件について、「オーズの力はコアメダルの力」
「コアメダルはグリードの体の一部」「当然アンクもグリード」
という論理展開から
「映司はアンクの体を求めている」という結論に帰着したんだけど、他方アンクは明確に
「(オーズの器としての)映司の体を求めている」と言ってよく、以上により彼ら2人が
「お互いの体を求め合っている」という事が論理的に証…書いてて気持ち悪くなってきた。
俺には無理だ!あっちの世界に羽ばたくのはどうしても無理だ!


■「いいかいゴトちゃん。俺のピンチは、お前のチャンスだ」

こんなことを言える先輩や上司に巡り逢いたいし、俺もさらっと言えるようになりたい。
いやー、これは歴代の伊達さん名言集の中でも珠玉の逸品だなぁ…。

今の後藤さんの消極性はいわゆる「草食系」というカテゴリーに当てはまりそうだけど、
そうした日本各地の後藤さんの背中を押すには、「自分の席はキープしながら」なんて
保身的な態度じゃダメなんだろうよ。何か、人材育成の大前提として「自分も含めた全
構成員はいつかこの組織を辞める」って事実を認識してない人って結構いるよな。
上を脅かせるような肉食系をお求めなら、まず上から「俺を追い落としに来い」って
言うことから始めなきゃだよな、と思う。


■幹事「クスクシエさん本当にありがとう」

最後の「今から100人の団体さんよ!」に壮絶なドラマを感じた。

まず、電話した奴は100人規模なんて予約を当日調整してるぐらいだから、おそらく彼に
何かとんでもない事が起こったのだ。予約していた店が潰れたか、コースの料理や店舗の
屋号、店の経営自体等に鑑みて主賓の常務から土壇場で大クレームがねじ込まれたか。
まさか予約を忘れてたということはなかっただろうが、予約規模の変更を伝え忘れていた
などの落ち度があれば、おそらく今日という日は、彼の短い社会人人生において最大の
修羅場であると言っても過言ではない


彼は主業務そっちのけで、昼休みも返上で片っぱしから電話をかけ続けていた。
しかし、いかに震災後の今日とて、100人規模の予約を当日確保することは容易ではない。
場所の確保に加え、100人分のコース料理が当日になって揃えられるという店は少なく、
そこをクリアしても今度は予算規模にマッチしない。会費の5000円は回収が済んでいるのに
「8000円にアップさせてください」なんて誰も納得しない。
というか、そうなってしまえばもうこの会社にはいられない。
何せ「鬼」と恐れられている常務の昇進祝いなのだ。
ここで会が延期にでもなれば、今後彼には係長のポストすら回ってくることはないだろう

チェーン店系の安酒屋にすら断られ、もはや彼にはローカルな個人経営系の店に当たるしか
選択肢は残されていなかった。残るはこの「クスクシエ」、多国籍料理&「衣装」という
宣伝文句が非常に不安だが
、贅沢を言ってられる身ではない。

「あの…もしもし?」
「はい、クスクシエです!」
「実は100人のパーティーの場所を探してまして、それが…今日なんですが…」
「あら~…申し訳ありませんが今日はちょーっと無理なんですよぉ」

やはりダメか…。
俺の社会人生活も2年3ヶ月で中断か…呆気無さすぎる幕切れだな。
こんな時代に再就職なんてできるのかな。
ワープアのネタを2chで笑ってた俺が、まさかワープアの仲間入りをするとはな。

諦めて電話を置こうとしたその瞬間、電話の向こうから賑やかな喧騒が聞こえ、
その瞬間に店主と思しき女性が大きな声で、こう言った。

「たった今、大丈夫になりました!!」


もう、この時の彼こそが「生きててよかった」の定義に一番近いと思うんだよ。
クスクシエ側は相変わらず食材調達のこととか謎が多すぎるけど、とにかく知世子さんが
大丈夫って言ったんだから大丈夫なんだ。
幹事の彼の人生に、これからも幸多からんことを。
[PR]
by tempari_blg | 2011-05-21 17:02 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第35... メルボルンついた >>