仮面ライダーオーズ感想 第25話「ボクサーと左手と鳥ヤミー」

【ひとことあらすじ】
人の金でアイスを食い散らかす居候怪人・アンクは、パンチドランカーでボドボドの
ボクサーから変なオウムを錬成した容疑で皆から白い目で見られます。






【感想】
あぁ、何かすげえ久方振りの真面目な話だ。ネタ成分薄めで真面目に話を進められると
感想が書きにくくて仕方ないぜ!逆に言えば、ここ何回かのオーズがいかにネタ色が
強かったっつう話なんだけど。

伏線だらけのオーズにおける「アンクって何者?」という最大の謎の一つがようやく
進展しそうなんだけど、考えたら映司も伊達さんも会長も、主要人物の大半の素性が
未だはっきりしてないんだよな。今まで劇中で伏線的な要素が仄めかされてないのって
比奈ちゃんと後藤さんぐらいか?比奈ちゃんの怪力も謎っちゃ謎だし、後藤さんの
偏執狂的な正義感もよく分かんないままなんだけど。小林先生なら全部それなりに
拾ってくれると期待しよう。

アンクの「またバラバラにされてたまるか」は、どうやらメダルレベルよりはもう少し
大きい単位での話のよう。左手は右手と異なる意思で動いてるのかな?だとすれば今後
右足とか翼とか様々なアンクが登場して、小さなアンク同士で小競り合いするように
なったら面白いな。「それは俺のアイスだ!」「煩い!お前さっき食ったろ!」
大喧嘩を繰り広げる両手両足、部屋を好き勝手に飛び回る生首と羽根、そしてそれらを
一喝して黙らせる股間のコンドル、みたいな電波が脳に浮かんだ。うん、俺疲れてる。



■真木博士、紙を喰らう

真木博士は当初のマッドサイエンティスト的な威圧感はどこへやら、完全にネタ要員に
シフトしちまったな。偏に、伊達さんとの人間的な相性が悪すぎるんだと思う。

しかし、ご尊顔を拝見しただけであんだけ動揺し、かつそれを他人にひた隠しにするような
人間関係って何だろうな。リアクションの大きさ的には、研究施設全焼とか逆レイプとかトラウマ級の被害が発生してるレベルなんだが。基本キヨちゃんとしか話さない風なのも
それが原因なのか?知世子さん一体何やったんだ。

クスクシエの運営自体も相当謎なんだけど、各国料理&コスプレは月一単位ぐらいの
ローテーションかと思ってたら今回は1回の宴会のためにスペイン風を演出してて、コスト
的に絶対黒が出せそうにないという理由から「クスクシエは超セレブの知世子さんが道楽
オンリーでやってる説」が俺の中で濃厚になった。で、その原資は実は鴻上ファンドから
出ており…みたいな知世子さんラスボス説も否定できませんぜ。


■ここでちょっとコンボ別戦力分析

属性効果的に相性が悪いとはいえ、いくらなんでもタジャドル弱すぎね?飛行ユニットへの
対応だったら、唯一の飛行コンボで挑むのはそんなに悪手じゃないと思うんだけどなー。
で、今回のオウム相手だったらどのコンボが効果的か考えてみた。

・タトバ:×
そもそもトラクローが届かない上、バッタジャンプからのキックも避けられる可能性大。

・ガタキリバ:○
雷撃が有効と思われる上、劇場版で使った「分身使って組体操」も効果十分。

・ラトラーター:△
得意の高速移動は空中戦向きではない。熱ビームが効くかどうかが勝負。

・サゴーゾ:◎
重力操作でアゲハヤミーを瞬殺した実績あり。まず負ける要素がない。

・シャウタ:△
水>>>火ということでベストと思いきや、バイオライダーと同一属性と考えるとこれ
熱に弱いんで却って不利なんじゃないか?ヒートロッドで対空攻撃はOKにしても、何か
液状化ボディを火で炙られておジャンになる予感がする。

という訳で、俺の中ではサゴーゾの評価が激高いことが分かった。
無重力化能力も持ってるからスーパー1方式で空も飛べるはずなんだよね、サゴーゾ。
つくづくガメルメダルを奪取されたのが悔やまれる。


■劇場版「レッツゴー仮面ライダー」

とっくに前売り券購入は完了してて、封切り直後に息子と観に行く予定。
でも内容的には完全におっさんホイホイだよなー。歴代ライダーはまだしも、キカイ
ダーとか快傑ズバットとかなんて子供には一ミリも馴染みなんてないもんな。

とりあえず「仮面ライダーガールズ勘弁」は、俺含めどのブログやツイート見ても
共通の意見のよう。とにかく公式サイトのドン滑り感が尋常じゃない。
ガールズの皆さんに「こんなのに巻き込んじゃってごめんね」という変な申し訳なさ
すら湧いてくる物凄い出来になってるぞ。
[PR]
by tempari_blg | 2011-03-09 00:58 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第26... 仮面ライダーオーズ感想 第24... >>