オーズショー観てきた

今日は近所のモデルルーム展示場でオーズショー観てきた。
あくまで家族サービスだと言い張ってみせるぜ!






■ストーリー
ショーオリジナルのボス敵(素性不明)がヤミーと戦闘員(屑ヤミーの設定だが見た目は戦隊系。
雰囲気的にはフロシャイムの二人に酷似)を引き連れて子供相手に暴れてたらオーズが登場して
悪者を全滅させてめでたしめでたし。この大味さがショーの醍醐味ですよ。

■見所
正月に観たショーには無かった「悪者軍団の子供いじりパート」が結構面白かった。

司会のお姉さんからマイクをむしったボスが開口一番「元気ですかぁ!」と絶叫し
子供の反応は困惑七割に失笑二割九分、残り一分(うちの子)が号泣、といった塩梅だった。
その後も全く似てない渡辺カメラマンの物真似を多用するなど、かなりのフリーダムぶり。

手下の戦闘員連中がそれに輪をかけて酷かった。
リーダーがステージに攫ってきた子供達から名前と年齢を聞き出そうと四苦八苦してる間に
ブルーシート外に脱いであった誰かのブーツを手にはめてみたり、有線マイクのラインで
縄跳びしてみたり、あとボスへのツッコミに当てた延髄斬りが綺麗に入り過ぎ、ボスがそいつを
普通にグーで引っ叩いてたのが印象的というか子供の前でそういうことをやるな

あと2人いた戦闘員の片方が相当の手練で、攫ってきたお子様のひとりの名前が「リュウキ」君
と聞いた刹那、ファイナルベント時の龍騎の動きを全くの淀みなく再現してみせていた。
龍騎ショー経験者よりは、真性のヲタである可能性の方が高いと思う。

そうしたバイト学生のアグレッシブなお遊び以降は、オーズが苦戦してちびっ子が応援して
そのパワーでオーズが大逆転勝利、とオーソドックスに固められていました。
そんな中の一工夫として「オーズ勝利時に敵が引っ込んだステージ裏からボール紙でできた
セルメダルが降り注ぐ」という演出があったんだけど、その瞬間にちびっこ達が大勢マッハで
ステージ上に登ってメダルを懐に入れまくる
という地獄絵図が、正にオーズのテーマが
凝縮されたような光景でモロ笑いました。回収してたスタッフにちゃんと正直に渡してた子は
半分ぐらいしかいなかったような気がするし、親自体が率先して持って帰るご家庭もあって
大変微笑ましかった。

■サイン会&撮影会
息子と列に並んでる最中、後ろで主婦グループ数人がひたすらオーメダルの情報交換してた。
やれ「セブンイレブンで食玩を箱ごと買った」だの「何度も粘って在庫を出してもらって」だの
ウヴァさんにメダル入れられたら相当立派なヤミーに育ちそうだった。
いや、俺も全然人のこと言えないのは分かってる。
[PR]
by tempari_blg | 2011-02-06 20:44 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第21... 仮面ライダーオーズ感想 第20... >>