仮面ライダーオーズ感想 第18話「破壊と理由とウナギムチ」

【ひとことあらすじ】
恋は桃色かつ盲目と1万年と2千年前から相場が決まっていますが、冒険経験
豊富なリーダーに恋したお嬢さんが「あの人の結婚式なんて爆発しろ」との
想いを怪人に込めてしまい後悔するも、2人のライダーがメダル争いの合間に
ヒートロッドとハイメガキャノンで怪人をドッカンドッカンし結果OKです。





【感想】
新ライダー・バースの紹介エピソード、後編。

伊達さん普通に良キャラだったんだな。「1億稼ぐ」という明確な目的を持ち、
それを「己の欲望」とわきまえ人に甘えようとせず、でも道を誤った人には
手を差し伸べるだけの器量と良心を持ち、自分のすべき仕事はきちっと全うし、
でも手柄争いでは基本フェアで…と、オーズ関係者で一番ヒーローしてるよ。

そんなハンサメンに映司が霞むかと思いきや、天然を装い油断させておいて
スパイを仕込むという狡猾さ+まさかの童貞発覚という、何だかよりアクの
強い個性を多数背負い込むことに。この人は「爽やかな顔して結構黒い」と
いう振れ幅がやたら大きいせいか、キャラを立てるためのパーツは十二分に
揃ってる筈なのに未だに人物像掴めんな。単純な「騙されやすい純粋君」よりは
全然面白いのは間違いないんだけど。
(MOVIE大戦COREでは映司をモロ後者として描写してて違和感が半端無かった。
善人嫌いの井上先生なんで仕方ないんだけど…)

ちなみに、アンクと鴻上間で交わされた契約を伊達さんが理解してないっぽい点は
普通に気になるんだけど、伊達さんは契約の件を知った上で、それを独断で反故に
するようなアンフェアなキャラじゃなさそうだしなぁ。とりあえず、アンクが
会長に契約違反を訴えたところで、会長は「欲望に忠実な伊達君を止めるつもりは
ないよ、アンク君!彼は実に素晴らしい!その欲望は君にとっても参考に(略)」

とか適当に言いくるめそうだ。
そう言えば今週の会長もかっ飛ばしてたなー。変なファー巻いて訳の分からん
置物をドクター真木に渡す
辺り「動物のお医者さん」の漆原教授そのものだった。


■伊達さんがハンサメン過ぎて他の男がボンクラーズ化

ヒーローへの変身願望に突き動かされてジャージ姿で伊達さんをストーキング
する後藤さんは素で気持ち悪かったです。あったよ、俺もそんな時代が。偶然を装って
ばったり出くわすためだけに、放課後の高校周辺を延々徘徊したりしたよ。

大体冷静に考えると、後藤さんは一応買収を蹴ってるんだけど、先日の誘拐行為に
ついては結局黙認を貫いたことになるんで、何のために買収を蹴ったのかが全然
分からなくなってきたぞ。バース蹴った以上真木を告発しちゃいけない理由は何も
無い筈なんだし、企業犯罪の告発なんて社会的にはこの上ない正義だと思うけど。
そこに踏み込まなかった後藤さんはやっぱり「ヒーロー願望の厨二病」そのもので、
だからジャージ姿で無闇に徘徊した挙句そこら辺の飲食店に転がり込んで
ぶっ倒れるような奇行
も無理からぬことで、あぁやっぱりオーズはよく出来て
いるんだなぁ、と一周回って納得してしまった。

アンクもボンクラ化というか、今週はやたら人間臭い描写が多かったなぁ。
道場でのシーンは「お前…マジか」以上に「一旦靴脱がされたけど納得できねえから
やっぱりまた履く」
ところがとても秀逸だった。

そしてやっぱり今週もやらかしてたよウヴァ様、バースの「必殺技撃つからオーズは
時間稼ぎよろしく!」→木陰でチャージという流れの中、バースが視界から消えた
瞬間に速攻でオーズを殺りに行くという「とりあえず近くで視界に入った敵に攻撃」
的なファミコンのアクションゲームのザコ敵みたいな行動心理が最高にウヴァ様だった。


■タトバとは違うのだよ!タトバとは!

オーズの新技・ウナギハンドは青さも相まってどうみてもヒートロッドで、そのせいで
バースの兵装チェンジもF90か何かにしか見えないし、セルバーストもハイメガキャノン
にしか見えなかったです。

あと、先週その存在価値を疑ったバースバスターだけど、変身前でも使用可能という
仕様に微かな意義を見いだせるかと一瞬思ったものの、やっぱり先に変身してバースト
撃ち込んだらいい気がするので依然審議中としておく。
品切れ常態化が続くオーズ関連玩具にあって割と在庫があるという可哀想なアイテム
なので、今後も劇中でこれでもかと活躍し、その度に「稼いだメダルが秒殺で減る」と
いう矛盾を我々は目の当たりにすることになるのだろう。

■特撮板での拾い物に目眩がするほど笑った

何ぞこれwwwwwwwwwww

b0023732_083577.jpg

[PR]
by tempari_blg | 2011-01-19 00:13 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第19... 仮面ライダーオーズ感想 第17... >>