仮面ライダーオーズ感想 第17話「剣道少女とおでんと分裂ヤミー」

【ひとことあらすじ】
剣道少女から産まれた装甲硬めのごついヤミーが二体に分裂してオーズを
ボコにしていたところ、土方風のあんちゃんが宇宙刑事っぽいのに変身して
ドリルで掘られたり大量のメダルをぶつけられたり、踏んだり蹴ったりです。






【感想】
新ライダー・バースの紹介エピソード、前編。

まず装着者の伊達さん。この人は「ライダーとしての戦闘が金稼ぎの手段で
しかない」人なんじゃないかな。おそらく彼にとって、現状で1億稼ぐための
最も高効率な手段が「バースとしての戦闘」なのであって、起業とか株式投資
とかと同列の存在でしかない。
だとすれば、正義のイコンとしてのライダーに執着しそれ自体が目的化してる
後藤さんとはちょうど好対照になるのが面白いなー。

性格的には、竹を割ったようなナイスガイ。マニュアルなんて読まないけど
実戦で何とかなっちゃう、大雑把でいいかげんな「昭和のできる男」。
何となく既視感あると思ったら、この人「エヴァ破」のマリに近いんだ。
パンフによれば、マリは「戦う理由」に苦悶する現代的な他のチルドレンとは
対象を成す「エヴァに乗ることへの悲愴感が全くない、いい塩梅な昭和オヤジ」
としてデザインされたとのこと。
映司はともかく後藤さんはちょうど前者の現代っ子に相当するんで、やっぱり
伊達は後藤さんとの関係を軸に動いていくような気がしてならない。
となると、映司の影がどんどん薄くなるなー。「欲望」がテーマの作品では、
やはり「欲のない男」はどうしても狂言回し的になってしまうのか。


■バース、その大いなる矛盾

で、問題はバースの方。こいつ、戦闘スタイルに致命的な矛盾を抱えてるよ!

バースの戦闘は「ヤミーからセルメダルを削りつつ、それを片っ端から回収する」
ことが最大のキモ。クレーンの使い方なんてハエ取り紙を賽銭箱に突っ込んで
小銭を盗む
かの如きクソ格好悪い代物で、斯様に見てくれを犠牲にしてまで
集めたメダルを湯水のごとく消費していくバースバスター。これが頭悪すぎる。

推測だけど、バース変身用のメダルが蒸発してたことから考えても、バスターで
使用済みになり捨てられたメダルは残りカスみたいなもんだと思うのですよ。
つまり、1回の戦闘においてバスターを使うと苦労して集めたメダルが数十枚単位で
どんどん減っていく訳で、しかもドリルやら何やらの兵装は基本1回1枚で呼び出せる
事を鑑みても、何で真木はバスターなんか作ったんだという疑念が拭えませんよ
しかも伊達は性格上絶対命中精度なんか気にしない(っていうか今回も半分ぐらい無駄弾
だった気がする)から、もうバスター使った時点でメダルを溝に捨てるみたいなもん。
分かんねえ、バスターの存在意義そのものが俺には分かんねえ。


■やっぱりドラマでの剣道描写は難しいな

所詮部活だろうと万年補欠だろうと、一応剣道かじってた身としては、あの殺気
立った怒号とか掛かり稽古での打ち合いとか、できればそういう剣道らしいシーンが
見たかったなー。むしろ、試合後の蹲踞がなかったりとか先輩の構えがおかしかったり
とか、どうしてもそういう粗ばっか気になってしまった。
道場なら高校の部活と比べて本気度が全く違うんで、剣道描写は頑張ってほしかった。

ただ、ヤミー襲撃時にみんなが大体へっぴり腰になってたのはリアルというか、段位
持っててもあんな怖いのがリアルに来たらあんなもんだろうな
と思った。


■おもちゃ販促強化月間

バース関連に加えてオーメダルホルダーも地上波初お披露目なんですが、ネットでは
予約できる気が全くしないというか、来月発売なのにamazonで出品者が定価の数倍で
出してるとか正直完全に異常事態だぞ、これ。まぁ、ホルダーは正味要らんけど。
[PR]
by tempari_blg | 2011-01-12 23:27 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第18... 何となく2010年を振り返る >>