仮面ライダーオーズ感想 第13回「シャム猫とストレスと天才外科医」

【ひとことあらすじ】
下宿先の家主に玩具にされるわ目当てのレアアイテムは見当たらないわの
散々な境遇にプッツンし片腕姿で家出した鳥頭怪人アンク。その頃、患者を
切り刻む快感に飢えた美女がこれまたプッツンして超エロイ格好のシャム猫
怪人を爆現させたのでした。





【感想】
800年もの長きに渡る封印からようやく目覚めたかと思ったら、肉体の構成に
不可欠なコアメダルは大半が欠損、片腕だけの状態で戦闘力はほぼ皆無。
目覚める前は封建政治がやっと勃興した程度だった筈の人間が今や高度な
科学技術文明を形成し、人間社会に融け込まねば情報入手すらままならない。
そのためにiPhoneの操作を頑張って覚え、奪った体の主の妹に力でねじ伏せ
られようとも下宿先の美人家主にオモチャ扱いされようとも頑張って耐えてた
アンクさん。うん、彼は何気に驚異的な忍耐力の持ち主なんじゃなかろうか。

思えばアンクさんはある程度賢しくはあるものの、今まで映司に体よくあしら
われ続けてきた時点で、別段頭良い訳じゃないんだよな。戦闘力についても
完全に比奈ちゃん>アンクさんなんで、アンクさんの優位性は「お兄ちゃんの
生殺与奪を握ってる」ことだけ。
つまり、彼は実質「人質」というカードだけでオーズを働かせてる事になる。
すげえなあ、戦う理由が「人質を取られてる事」っていう仮面ライダー。

この先お兄ちゃんが復活した場合=アンクに従う理由が無くなった場合に、
それでも「人を助けたいという正義感」だけで戦えるかどうかが、オーズの
ヒーロー性を決定づけることになるんだろうな。そこは思いっきりベタで熱い
展開にしてほしい。


■執刀医の指定って実際はどこまでできるんだろうか

今回の「手術したくてしょうがない美人女医」から出てきたヤミーのボディが
やたらにエロかったのはさておいて。
手術したいのに院長判断でさせてもらえなかったっていうのは「治療全体で
患者と向きあう精神がどうこう」みたいなことと推測するけど、執刀医を指名
されてる患者の希望をガンガン蹴ってまで女医の手術を撥ね付けるってのは
よく分からなかったなー。
俺だったら、手術の腕さえ立つのなら、人間性が最悪で医者なのにすぐ「お前
死ねよ」とか言っちゃう程口が悪く、谷間強調+ガーターベルトという病院
らしからぬファッションに身を包み、術後のガーゼ交換とかもすごい手際が
荒くて痛い上に「あら、痛かった?」とか挑発的な目で見下してくるような
美人女医でも全然OKだけどな。
っていうか美人女医だったら手術の腕すらイマイチでも全然OKだけどな


■後藤さんがすっかり壊れちゃった

先週の反省も「世界を救う仕事をするんだ!」という開き直りに転じただけで
自身の厨二病は一切救われる気配のない後藤さん。今日も今日とて仕事をサボり
住み込みバイトのストーキングに余念がありません

そして、ヤミーが巣食う病院への潜入で松葉杖スタイルを選択するという、内部
での戦闘を一切考慮していない清々しさ。
やっぱりこの人は警察を辞めるべくして辞めた人材だよ!

また、今週少し明らかになった里中君のキャラが「お金のために働きます」的な
典型的な割り切りサラリーマンだったのには笑った。会長の奇癖にも後藤の厨二病
にも、基本的には「何こいつらキモい」という思いを抱きつつ接してるのね。
アフター5の女子会で抉るような悪口を連呼してそうだなー。
あと、プライベートの服装と車のカラーリングが思いっきりハジケてるのも、何と
いうか「自分の時間は自分の時間なんで」的な生々しさがあった。


■グリード3人はもう遠くの離島で静かに暮らしたらいいんじゃないか

メズールとガメルはキャッキャウフフしてばっかりだし、ウヴァ様はウヴァ様で
「俺達も進化しなければ」とか「もっと頭を使って」とか言ってるけど1ミリも
説得力がないし
、そろそろグリード側に悪としての存在感が全然無くなってきて
いるのが気になり始めてきたなー。
カザリと真木もお互いの腹を探り合う段階だけど、ぼちぼち大きな動きがほしい
ところです。でないと、新ライダー出そうなのに誰と戦うのか、って話になるし。
[PR]
by tempari_blg | 2010-12-09 01:12 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第14... 仮面ライダーオーズ感想 第12... >>