仮面ライダーオーズ感想 第5回「追いかけっこと巣とセレブ」

【ひとことあらすじ】
セーラー服姿の美少女グリードが買い物依存症の年増にヤミーを産み付けたその頃、
小銭すら尽きかけ素寒貧状態の映司は脳筋グリードに追い回され半死半生に。
でも脳筋は脳筋だったのであっさりアンクに拐かされ、奪うはずのメダルを更に
奪われるという可哀想な怪人の物語です。



【感想】
美少女!女子中生!セーラー服!怪人!しかも800歳!

「美少女の人外」設定は媒体問わず日本の創作では結構メジャーな設定で、民話や
伝承でもそういうキャラクターは多く目にします。最近だとジャンプ漫画「ぬら孫」の
羽衣狐様に生き肝を吸われたいバカが全国に沸いていますが、日曜の朝に実写で
やられちゃうともう俺もそのバカに仲間入りせざるを得ません。
いや、美少女メズール登場シーンの妖艶さは本当に結構びっくりした。あぁ、これは
全国各地のちびっ子に歪んた性癖が育まれる瞬間に立ち会ったな、と思ったもん。

b0023732_23393363.jpg

画質は荒れ気味ですが


ちなみに演じる未来穂香さんは97年生まれ、14歳です。魔性ですよ魔性。
今後すごい売れていきそうな気がしますが、ただこの先どんなに売れてもWikipediaの
「出演」欄に「メズール(人間体)」が残る
であろう事が可哀想ですね。
演じた役が積み上がっていく毎にどんどんシュールさが増していくんだろうなぁ。


■ウヴァ様の明日が涙で曇って見えない
もうウヴァ様が一周回って不憫で仕方ない。こんな脳筋っ子とは思わなかった。

・封印開放→起き抜けにコアメダル一枚奪われる
・早々にヤミー生成→2体とも速攻で返り討ち
・怒りに任せて自ら戦闘へ→生身の人間に延々逃げられる
・800年前に封印させられた相手に堂々名乗りを上げ戦闘開始
 →「お前仲間に騙されてるぞ」「な、何ィッ!!!!」
  →その隙にコアメダルを奪われ一気に弱体化

特に最後の流れなんて完全に、熱血系の昭和ヒーローがやるダメなやつだよ。
第5話にして敵幹部勢の半数が圧倒的不利ってどういう斬新さだ!

■そんなバカを尻目に駆け引きは加速する
まぁライダー側なのに上記のような心理攻撃を繰り出す方も繰り出す方だけどな!
先週は子供のアイス盗んだし、まだまだアンクは「人間社会の尺度から言えば」だけど
外道に当たるキャラクターを維持してるな。

心理戦では更にその上を行く鴻上ファンド。
「武器とガジェットあげるから戦果の7割を上納しろ」のふっかけ感は尋常じゃない。
その辺の武器を使うにもメダルが要るので、おそらく実質は7割どころかそれ以上。
ウヴァ様と交戦時の「どうやら我々のメダルシステムは役に立っているらしいね!(キラーン)」の
実にいやらしいことよ。
しかも今回は映司の「飄々としてるけど単なる天然ではない」描写が目立ってて、
実質アンクも鴻上も自分のペースに転がしてたんだよね。とりあえず知略に関しては人間勢が
圧倒的リード、何かもうそれだけでグリードが世界を呑み込むビジョンがさっぱり見えないよ。


■父さんが倒産
放映終了10分後ぐらいに気づいて爆笑した。
[PR]
by tempari_blg | 2010-10-05 23:29 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第6回... 仮面ライダーオーズ感想 第4回... >>