仮面ライダーオーズ感想 第3回「ネコと進化と食いしん坊」

【数行あらすじ】
常に物食ってるデブが怪人に食欲を暴走させられてパンパンになっていたところ
助けてくれる筈のヒーローから「もっと食わせて栄養付けさすべ」とブロイラー扱いされ
もっとパンパンになりましたが、口から怒羅衛門みたいな巨大デブ猫吐いてすっきりです。



【感想】

何だろう、主題歌のグルーブ感(既に息子が虜になり歌の部分だけ1日に何回も録画再生
させられてるぐらい)とか、個別の要素は素晴らしいんだけど。根幹の部分に残念さというか
「惜しい」感じが漂ってる感じ。

今回で言うと「ヤミー化したデブに感情移入できない」のが痛かった。一般人が怪人に
つけ込まれる構図がオーズと同じ「電王」や「W」は、そうした人間の強い思いが織り成す
人間ドラマをヒーロー劇に上手く組み込んでたのが面白かったんだけど、このデブについては
人間的な背景や人格が与えられず「ただ食うだけのモブキャラ」という扱いにされてしまって
いたのが残念。ホントにドラマの展開しようがないぐらいモブだったな。ヤミー化前と後の
行動の違いが「違法行為かどうか」ぐらいだもん。っていうか、多分あの人、グリードに
襲われなかったとしても、あの食い方じゃ成人病で長くなかったと思うんだ。

映司の「目に映る命は守る」という流浪人スタイルは単純に格好いいと思います。
今後はそれに見合う、血肉の通ったキャラがどんどん出たらいいなぁ。
っていうか「欲望で肥大する怪人」って設定なんだから、ドロドロでグチャグチャな
人間同士の愛憎劇とかにぜひチャレンジしてほしいです。


■三つ巴のメダル争奪戦
「映司&アンク」「鴻上ファウンデーション」「グリード」の3勢力でメダルを争うという
展開になってきそうで、Zガンダムの後半の展開が大好きな俺には嬉しい限りです。
三国志的な「入り乱れつつの知略戦」なんて、想像するだに興奮です。

3勢力の力関係を考えてみたんだけど、セルメダル争奪に関しては圧倒的に鴻上が有利。
鴻上勢自身の武力は未知数だが、とりあえず現状でヤミーが発生したら確実にオーズが
殲滅に現れるわけで、鴻上勢としてはヤミー撃破の瞬間さえ押さえれば発生したメダルは
タカ缶の物量を使って根こそぎ掠められる公算が高い。
これ以上ない好都合な状況、こりゃ宇梶の旦那も笑いが止まりませんわな。
セルメダル=HPなグリード勢にとっては、何気にこの状況は兵糧攻めに等しいので、
オーズより何より奴らの物量が一番厄介かもしれない。

まぁ以上の話は「セルメダルの生成方法はヤミーの肥大のみ」という前提なんで、
グリードがセルメダルを代謝できるんならちょっと事情が変わってくる。でも
今週の描写を見る限りそんな事できなさそうなんだけどなぁ。よくわからん。

■パラサイトに記憶を読まれたお兄ちゃん
これ、お兄ちゃんにとって死よりも恐ろしい状況ですよ。
何せアンクはどうやら「お兄ちゃんの記憶全てにアクセス可能」。つまり、秘蔵のロリ動画や
裏モノの画像が満載のHDDに掛かったパスワードも筒抜けであり、人間のモラルが通用しない
アンクにとって、それらを何の気なしに妹に見せたりネットに公開してみたりすることは
造作も無い事な訳です。単純所持だけで警察の職を追われかねないモノが明るみに出たら
人格が戻ったとしても無職からのスタート。この不況下で映司と放浪する羽目に陥りかねません。
アンクには是非、男のモラルとネチケットを早々に学んでほしいところ。

■公園で明日履くパンツを手洗いする男(ヒーロー)
哀しすぎる。
俺もつい最近研修先のトイレで同じことしました。詳細は墓の中まで持っていく所存。
[PR]
by tempari_blg | 2010-09-23 00:54 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第4回... 仮面ライダーオーズ感想 第2回... >>