仮面ライダーオーズ感想 第2回「欲望とアイスとプレゼント」

【数行あらすじ】
宝石泥棒中の怪人にぶっ飛ばされ瀕死だった警官が、右手ゲルゲに憑依され
ラルクのチビみたいな姿に。ラルクやら怪人やら謎の財団やらが夢中になってる
メダル集めの巻き添えにビルがポッキリ折れたりして、コリャまずいと熱血ホームレスが
変身してグロい巨大怪人をザクっと斬って解決です。



【感想】
2話目にして結構楽しめてきてて好感触。
怪人・グリードの素性とその(当座の)目的を同じグリード自身に語らせつつ、グリード・謎の財団・
はぐれグリードの3つ巴によるメダル争奪戦を予感させる導入はGOODだったと思います。
争奪戦のキーはコアメダルな訳だけど、その入手方法が不明な現時点では「とりあえず街を
遅ってみる」「とりあえずそれを防ぐ」の繰り返しになりそうで、その辺は早いところ脱出して
欲しいところ。

■大体出揃ったメインキャラ

○火野映司:
日雇いバイトで刹那的に食い繋ぐホームレスという、現代の世相が反映され過ぎた主人公。
危険地帯を含む世界各国を放浪した過去を持つが、もしかしてそのせいでリーマン以降の
氷河期のあおりを受けている
のだと妄想してみると非常に気分が悪くなる。
所持品は小銭と明日のパンツのみであり、ネカフェですら身分証明を求められる昨今において
どこでどうやって寝てるのかが大きな関心事という前代未聞のヒーロー。

○アンク:
右腕だけの怪人。別怪人との抗争に巻き込まれ瀕死の刑事をボディスナッチ、脳まで奪われた
新一君
みたいな状態に。

○泉比奈
本編のヒロイン。数百kgの自販機を真顔で持ち上げるなどの怪力描写により、早くも
変身フラグが立ちまくりなセーラージュピターっ娘。アンクにスナッチされ行方不明の兄を探すも
2話目であっさり再会

その他、謎の組織の総帥は国立西のスタ丼屋常連である宇梶の旦那。
あと、その組織下でオーズにあれこれ渡すのが仕事のイケメンパシリなどが登場済みです。

■CG怪人&CGウェポン
CG怪人のデザイン、グロっ!モチーフのオトシブミは無難な昆虫ですが、まさか
全身に女性器状の口吻を持ち足先が人の手の形をしている全長10数mの巨大昆虫なんて
スターシップトルーパーズ紛いな代物になるとは。またクトゥルーっぽいグロさなのが結構ツボ。
一方、ライダー側は動物に自動変形する缶の大量投入で、ディスクアニマルやメモリガジェットに
続けとばかりに子育て世代の財布の中身をニーハオしようと企みます。
大量の飛行メカをバイクの足場に使う場面では、王蟲の触覚を渡るナウシカを思い出しました

■オープニングテーマ 大黒摩季「Anything Goes!」
ありそでなかったスカパンク。こういうお祭り騒ぎ的縦ノリ音楽大好き。
やっぱりホームレス・新一君・ジュピターの3人は変身格のキャラか?
[PR]
by tempari_blg | 2010-09-16 23:24 | ライダー


<< 仮面ライダーオーズ感想 第3回... 仮面ライダーオーズ感想 第1回... >>