ゴセイジャーの兄弟喧嘩

日本全土を吹き荒れる不景気の嵐。その影響を最も大きく被る業界の
一つであるエンタメ業界において、その最大手であるバンダイナムコの
子会社が希望退職の募集期間を延長させています。

先々週からの新番組「天装戦隊ゴセイジャー」は、遂に変身システムに
カードを導入するという、そんなバンダイナムコの窮状を象徴するかの
ような設定
で始まりました。
今日は普段の知的でセレブでスタイリッシュな日記をお休みして、
「明日から見れるゴセイジャー概要」を簡単にまとめてみました。





今回の戦隊は「護星戦士」。「地球の全ての命を守る」事を任務とした
鳩山政権護星界の住人です。公式によれば「はるか昔より、人知れず、
邪悪な存在と戦ってきた」そうですが、突如現れた悪い宇宙人1人の攻撃
一発で護星界と地球の唯一の連絡通路が崩壊

たまたま地球にいた見習い5人で、当面その宇宙人と戦う羽目になりました。

所属組織に戦闘ノウハウが微塵もないことが序盤で露呈した護星戦士ですが、
どっかの鳩頭首相の友愛精神とは異なり必要十分な武力は保持。
彼らはカードをバイザーにアドベントすることで、変身から剣や斧等の特殊装備、
合体ロボットの召喚までを行います。
ただし個々のカードに替えはないらしく、第1話で赤がカードを路上で無くし
いきなり変身不能に陥る
という最大級の醜態を見せてくれていました。

ちなみに本編とは全然関係ありませんが、データカードダス「スーパー戦隊
バトル ダイスオー」が今春から稼動予定だそうです。


また、「とりあえず俺たちが頑張ろう」程度で前線に臨む5人の特色は
「種族による派閥」。5人の戦士達は、以下の3つの種族で構成されています。

スカイック族: 赤(♂)とピンク(♀) 
ランディック族:黒(♂)と黄(♀)
シーイック族: 青(♂)

この派閥を明確に視聴者へ意識させたいらしく、事ある毎に「俺たち
誇り高きランディック族は」だの「軟弱なスカイック族」だの、露骨に
種族を主張し合います。
5人構成の中で3派閥ってお前ら中学の女子グループか。

そんな先行き不安なゴセイジャーの第3話は「ランディックパワー、分裂」
いきなり嫌な予感丸出しですね。



地球のいのちを守る護聖天使ですが、当の地球では単なる無職
黒と黄はテントで採集生活、青は水質調査(自主活動)、といった
悲惨な境遇が明らかにされます。
赤とピンクに至っては現状住む所もままならない状態。
そこで、先々週助けて強引に友達になったノゾム君(小学生)の
自宅へ二人で寄生する
という妙案を思いつきました。

幸いノゾムくんの自宅は天文学者で、自宅にプラネタリウム付きの
大邸宅でした。天文学者のお父上を演じるのは山田ルイ53世。
ヴァンプ将軍としてニートを見慣れてるせいか、自分の研究の
手伝いをさせるという条件で、見ず知らずのアベックとの同居を
快くOKしてくれました。


一方、テント組の黒と黄色は実の兄妹。大好きなお兄ちゃんに未だ
子供扱いされてイライラを募らせている妹は、突如現れた怪人に
大きめの石つぶてを大量に浴びせ殴打するという天使らしからぬ
野蛮な技
を繰り出して奮闘するも、石を打ち返されて負傷。
怪人を逃がしてしまいました。
お兄ちゃんからは「あんな高等な大技、お前には早い!」と叱責され、
妹は「せっかくひとりで頑張ったのに」と涙目です。
そんな重い空気を破ったのは、前向きなニートことゴセイレッドの
アラタくんでした。

赤「ひとりだとできることにも限界があるよ。仲間がそばにいると
心強い。…だからさ、みんなで一緒に住もうよ!ノゾムん家に
皆「はぁ!?

居候宅に友達のホームレスを招こうとするホームレス。
それに対し、ピンクは「それ名案!いいんじゃない?」などと赤と同等の
メンタリティを発揮。
お兄ちゃんは「ランディック族は二人で十分だ!」派閥を強調
妹は「こんなお兄ちゃんと一緒なんてやだ!」とお兄ちゃんへ反発。
その場に居合わせたノゾムくんは「僕はいいと思うけど…こんな雰囲気じゃ
無理じゃない?」
と、自宅の家主の意向を無視
っていうか小学生に雰囲気の悪さを真剣に心配される天使て。


その後、なんだかんだあってお兄ちゃんと妹は和解。
5人も5人なりに協調行動の重要性を共有でき、友情パワーで怪人を
無事粉砕することができました。
そして5人全員でヴァンプ様の邸宅へ厄介になることも決定
5人共有部屋の物置を片付けるシーンでの、妹の「無理~、ありえな~い」
というお前こそあり得ないセリフで今週は幕を閉じました。
こいつら全員天使だそうですが、正直俺がネロだったらこんな奴らに
迎えに来られたら嫌です。

[PR]
by tempari_blg | 2010-03-01 00:07 | ゴセイジャー


<< PA席から ~2010/06/... 謹賀新年 >>